琴詩書画巣   古琴音楽   中国絵画   詩・書   中国文人の世界   北京信息   パリ信息   リンク  
   中国絵画News | 中国絵画史の流れ | 日本美術史ノート | 中国絵画ことのは 胸中の丘壑 | 荊浩筆法記 | 林泉高致 etc.)

 中国絵画史ノート 明時代4 明末の変 董其昌と奇想の画家たち

明末の変
明時代末期:
政治:宦官による腐敗(魏忠賢と東林党) 北の脅威
社会:江南諸都市を中心にした経済的繁栄と閉塞状況、農民反乱
文化:明代都市文化の爛熟  文人文化の洗練、売書画、出版の高潮
   書画:明末の変 山水画の構築性の解体 →構築史の素描参照
【華北】
北京米万鐘 崔子忠
河南 孟津王鐸   山西 陽曲傅山 
【江南】
上海 松江董其昌 顧正誼 宋旭 孫克弘 莫是龍 陳継儒 趙左 沈士充
江蘇 蘇州李士達 張宏 盛茂Y 卞文瑜 邵弥      南京曾鯨
   嘉定程嘉燧 李流芳   嘉興項聖謨
浙江 杭州藍瑛 陳洪綬   上虞倪元璐

安徽 姑熟蕭雲従  休寧丁雲鵬 
 
福建 泉州張瑞図 王建章  甫田呉彬  漳浦黄道周

董其昌 1555-1636 明末の変
董其昌肖像 [生涯]
字は玄宰、号は思白、香光、思翁など、室名は画禅室、戯鴻堂など、諡(おくりな) は文敏 華亭(上海市松江)人
1555年嘉靖三四年1月19日(新暦2/20)に生
同郷の莫如忠1509-89(莫是龍の父)に師事、13歳府学学生、17歳書、22歳画を学ぶ
1589年万暦十七年35歳進士合格(第二甲第一名)翰林院庶吉士となる
1594年万暦二二年皇長子(後の光宗)の講官
1595年万暦二三年会試の同考官
1596年万暦二四年持節して長沙(湖南省)の吉藩に使
1597年万暦二五年江西にて郷試の主考
1598年万暦二六年44歳 72歳の李贄と出会う
湖広(湖北・湖南両省)副使、病と称して帰郷
湖広副使に復帰、湖広の学政監督、勢家の怨みをかい、学生数百人に公署を壊され、郷里に帰る
1619年「董氏の奴変」高利貸による利殖から恨みを買い、華亭の邸宅を焼打ちにあい、蘇州に避難
1621年天啓元年光宗(泰昌帝、在位1620.8-1620.9)即位、太常少卿となる
1622年天啓二年兼ねて国子監司業事、翰林院侍読学士となり『神宗実録』を纂修
1623年天啓三年秋、礼部右侍郎、協理・事府事、継いで左侍郎
1625年天啓五年71歳南京礼部尚書に上る 酷烈な党禍
1626年天啓六年72歳辞任し帰郷
1631年崇禎四年77歳故官に復し・事府、しばしば帰休を乞う
1635年崇禎八年81歳太子太保を加えられて致仕
1636年崇禎九年11月11日(12/7)82歳郷里で没
[作品] 〈芸苑百世の師〉
書:早年莫如忠を師、二王、顔真卿、米芾を学ぶ 理知的な陰影、爽凉の趣
 清の康煕、乾隆帝が董其昌の書を好み、清代書壇の主流に 「董其昌」款
1589年行書《許文穆公墓祠記卷》 北京故宮博物院
1591年行書《論書卷》 北京故宮博物院 『画禅室随筆』にあり、1611年自跋
1592年行書《正陽門關侯廟碑卷》 北京故宮博物院
1603年行草書《羅漢賛等書巻》 東京国立博物館
1606年楷書《東方先生畫贊碑卷》 北京故宮博物院
1609年行書《岳陽樓記卷》 北京故宮博物院
1611年行書《宋之問詩卷》 北京故宮博物院
1615年楷書《朱泗墓誌銘卷》 北京故宮博物院
1618年《臨柳公權書蘭亭詩卷》 北京故宮博物院
1621年天啓元年行草書《豳風図詩》巻 蝋箋紙 東京国立博物館
1622年《自書七絶詩軸》 256×48.4 北京故宮博物院
1622年行書《与葉少師唱和詩卷》 北京故宮博物院
1626年行書《孟郊詩扇頁》 北京故宮博物院
1631年以降《草書七絶詩軸》 金箋紙 145.1×34.7 北京故宮博物院 大宗伯印
1632年真草行書《臨淳化閣帖冊》 北京故宮博物院
1634年行書《蘇軾《醉翁操》冊》 北京故宮博物院
1635年《項元汴墓誌銘巻》 東京国立博物館
1637年行楷《論書并書杜甫詩卷》 北京故宮博物院
行楷書《仿顏真卿法倪ェ贊傳》卷 36.8×1579.7 北京故宮博物院
行書《浚路馬湖記卷》 北京故宮博物院
行書《札卷》 北京故宮博物院
行書《雜書卷》 北京故宮博物院
楷書《書翰林院箴》軸 北京故宮博物院
草書《櫽括前赤壁賦》冊 北京故宮博物院
行草書《臨宋四家卷》 北京故宮博物院
行書《臨徐浩書張九齢告身巻》 東京国立博物館
画:明末の変 山水画の解体と再構築 抽象と自然さの危険なバランス
 南宗系大家の様式を単純化→明快な造形単位に分解→画面上に再構築
 粘着性の渇筆線と形 強烈な色彩 「玄宰」款
1596年42歳《燕呉八景図》団扇冊 上海博物館 形と色のアッサンブラージュ
1597年《婉孌草堂図》 111.3×26.8 個人蔵 人工的な山水空間
1602年48歳《葑訪古図》 台北故宮博物院
1604年50歳《烟江畳嶂図巻》 抽象山水 北宋王詵・蘇軾書画合作へのオマージュ
 1614年自題:又題:右東坡先生題王晋卿画。晋卿亦有和歌,語特奇麗,東坡為再和之。意当時晋卿,必自画二三本,不独為王定国藏也。今皆不伝,亦無復摹本在人間。雖王元美所自題家藏煙江図,亦自以為与詩意無取,知非真矣。余従嘉禾項氏,見晋卿瀛山図,筆法似李営丘,而設色似思訓,脱去画史習気。惜項氏本不戒於火,已帰天上。晋卿跡遂同広陵散矣。今為想象其意,作煙江畳嶂図。於時秋也,輒臨秋景。於所謂春風揺江天漠漠等語,存而弗論矣。
 旧作此巻与跋不曾着款。甲寅臘月重題款十年事矣。其昌。

 上海博物館本 絹本 30.5×156.4 趙左風の烟巒 旧題、自題同時? 沈樹庸跋
 台北故宮本 絹本 30.7×141.8 自題の位置が自然 高士奇跋、乾隆内府旧蔵
 双胞胎:上博本真、故宮本高士奇模写説(凌利中) 両本とも模本説(李慧聞)
1606-10年頃《送李愿帰盤谷図巻》 絹淡 大阪市立美術館 董源風
1608年頃《昼錦堂図並書記巻》 絹淡 吉林省博物館 書画一体 瑞々しい色彩
1611年《荊谿招隠図巻》 メトロポリタン美術館 呉正志の為 
1615年《仿楊昇没骨山水図》 複雑な色彩
1616年《高逸図》 北京故宮博物院 蒋道樞と荊溪に舟を浮かべた時の感懐
1617年《仿董源青弁山図》 224.5×67.2 クリーブランド美術館 巨幅山水
 仿王蒙青卞隠居図
《夏木垂陰図》 紙墨 321.9×102.3 台北故宮博物院 巨幅山水
1619年《夏木垂陰図》 紙墨 91.3×44 北京故宮博物院 1626年再題
1620年《秋興八景図冊》 上海博物 秋の船上での感懐と色彩
1622年《嵐容川色図》 北京故宮博物院 仿沈周
1622年《仿古山水図冊》8開 26.3×25.5 北京故宮博物院 
 著色画:唐楊昇  墨画淡彩:惠崇、倪元鎮、梅花道人
 水墨画:廬鴻草堂、李伯時山荘、黄鶴山樵、米元暉
1621-24年《仿古山水図冊》 56.2×35.6 ネルソン美術館 明末の変の代表作
 杜陵詩意 仿王蒙山水 廬鴻草堂「雲錦淙」
 強烈な色彩と空間形態、永久のアヴァンギャルド
1623年天啓三年69歳《墨巻伝衣図》 101.5×46.3 北京故宮博物院
1623年天啓三年69歳《溪山仙館図》 55.5×35.0 東京国立博物館
1624-27年頃《江山秋霽図巻》 高麗紙 クリーブランド美術館 仿黄公望
1626年72歳《棲霞寺詩意図》 上海博物館
1626年72歳《佘山游境図》 紙墨 98.4×41 北京故宮博物院
 舟行龍華道中,写佘山游境。先一日宿頑仙廬 陳継儒の江蘇省青浦県別荘
1629年75歳《臨倪瓚東岡草堂図》 台北故宮博物院
《林杪水歩図》 紙墨 115.8×45.3 北京故宮博物院
《鍾賈山陰望平原村景図》巻 金箋紙墨 28.2×252 北京故宮博物院
《画稿巻》 北京故宮博物院 大幅製作の為の画稿 樹の形とバランス
詩文:『容台集』『画禅室随筆』書画の鑑識、理論 南北二宗論を展開

南北二宗論(『容台別集』画旨)
北宗 五祖弘忍 (ぐにん) →神秀 (じんしゆう) 北宗禅の漸修 職業画家
行家
細密な鉤斫 (こうしやく 線描、輪郭線) を骨格とする着色山水   李思訓、李昭道→趙幹→趙伯駒、趙伯驌→馬遠、夏珪  
南宗 六祖慧能 (えのう)
南宗禅の頓悟
文人画家
利家
濃淡の宣染による水墨 破墨山水   王維→張璪→荊浩→関同→郭忠恕→董源、巨然→米芾、米友仁→元四家(黄公望、呉鎮、倪瓚、王蒙)  
1.尚南貶北論
 中国大陸南北の地域性と「行・利」の価値観を合体させ、
 禅の南北二宗にあてはめた明末の「美術史」
 系譜付けは、華北の職業画家関同、范寛を南宗に分類するなど矛盾が多い
 明末期、衰えてきた呉派、文人画の職業化に対抗、松江派擁護の党派性
 清初四王へ 南宗文人画アカデミズムとして清時代の主流に
北宗画:職業画工の画=南宋画院(李唐,劉松年,馬遠,夏珪)→明画院(戴進)浙派→狂態邪学派
南宗画:文人画=王維→元四大家→[明呉派(沈周,文徴明)]→松江派(董其昌)→清初四王(王時敏,王鑑,王翬,王原祁)
2.南宗の祖としての王維の水墨山水の問題
 文人画家の理想を唐時代の王維に求める 王維の真蹟は存在しない
 明末擬古的王維雪景図の流行(緑小数字は『文人画粋編1王維』の番号)
(1)伝王維《江山雪霽図巻》 絹墨 28.4×171.5 小川家本2,3,63
  前景4枯樹、帆船と断崖、一河両岸 皴少 王維雪景の善模本
  董其昌2跋、馮夢亭など跋
(2)《江干雪意図》 絹淡 24.8×162.8 台北故宮博物院64
  雪汀水禽、南宋趙令穣派の作 沈周、王鏊、董其昌跋
(1)+(2)+山塊《長江積雪図》 絹著 28×449.3 ホノルルアカデミー本53
  羅振玉題 前後完備した構成をもつ宋模本を明の文派が模か
(1)+(2)伝王維《江干雪霽図》 絹著 28.8×117.2 フリーア本59,60 沈周跋
(3)伝燕文貴《模王維江干雪霽図》 絹著 22.3×154.5 藤井有鄰館本57,58
  執拗な細部 文徴明関山積雪図に似る
 伝燕文貴《模王維江干雪霽図》 絹著 25.7×144.5 フリーア本56
 伝燕文貴《模王維江干雪霽図》 絹著 34.7×354.5 フリーア本54
  18C?明末以降擬古的雪景図 他に台北故宮博物院本など
 伝燕文貴《模王維万山積雪図本》 絹著 32.5×267.4 フリーア本55
  清時代の王維雪景図のバロック的展開
倣楊昇山水図 3.彩色山水(青緑山水)の問題
 董其昌は南宗風彩色山水として輪郭線を使わない没骨(もっこつ)着色山水を描く
 ルーツを唐時代の李思訓、李昭道父子より遡る六朝の張僧繇、楊昇に求める
 張僧繇、楊昇の真蹟は存在しない 董其昌の心中の「美術史」としては存在
4.以上の董其昌自身が組み立てた心的世界の「美術史」を根拠に、
 強靭な抽象空間をもつ水墨山水、強烈な色彩の没骨山水を創造


各都市の画家
【上海】
松江派 董其昌周辺の文人画家たち
第1期松江派:華亭派
顧正誼 16-17C初
華亭(上海松江)人 黄公望に学ぶ 宋旭、孫克弘らと交友、董其昌の師
一時、官は中舎となる
[作品]
1575年《溪山秋爽図》 台北故宮博物院
《華陽洞天図巻》 23.6×222 上海博物館 倣王蒙、入組む山水 王穉登跋

宋旭 1526-1606頃
字は初煬、号石門 浙江嘉興人、松江に居 禅宗に帰依し、隷書を善くする
[作品]
温和な山水を描き“松江派”の先駆 門下に趙左、沈士充
1585年60歳《籟山別業図巻》 上海博物館 1590年65歳自跋
《浙景山水図冊》20開 上海博物館 天目など浙江の名所を巡る紀遊図
《雲壑秋瀑図》 台北故宮博物院
《雪景山水図》 サラ・ケーヒル蔵

孫克弘 1533−1611
字允執、号雪居 華亭(上海市松江)人 父の蔭により仕官し漢陽知府になる
[作品]
花鳥、竹石、山水は沈周、陸治を師とする 中年時設色画が多く、晩年は放逸で簡煉な筆
書法は宋仲温に倣い、詩を善くする 居室は“東郭草堂”
《百花図巻》 北京故宮博物院

莫是龍 1537-1587
字雲卿、廷韓、号秋水、晩号碧山樵、貞一道人、雲龍山人など
莫如忠1508−88の子 松江人、後上海に居寓 幼から聖童の称、華亭派の頭領
[作品]
詩文:『石秀斎集』古文辞を善くし詩人として名をなす
 書論に「論書」1582年「筆麈」、画論に「画説」(董其昌作か)
書:小楷は鍾・王を学び精工、婉媚に過ぎ、行草は米芾に倣い「豪逸の態」(王世貞)「米顛亦咄咄逼人」(李日華)
1576年万暦丙子 行書《雲影賦・遊後園賦合巻》 無錫市博物館 壮年期の成熟
1576年万暦四年丙子40歳 行書《詩巻》 灑金箋 24.7×544 京1-1991△
1577年万暦五年丁丑41歳 行書《自書詩巻》 紙 28×512 浙8-02△
1578年万暦六年戊寅42歳 行書《詩》 紙 京1-1993
1579年万暦七年己卯 行書《遊鍾買山記巻》 紙 19.4×293 1-0122△
1580年万暦八年庚辰秋44歳 行書《詩書巻》 東京国立博物館
1580年万暦八年庚辰 行書《山居雑詠》12開 紙 浙2-04△
1580年万暦八年庚辰 行書《送方衆甫詩巻》 紙 28×620 京1-1994△
1581年万暦九年辛巳45歳仲春 《賦贈鴛湖小妓》 紙 18× 台北故宮博物院
 なじみの昆劇女性の死を偲ぶ 元明書簡冊の莫是龍尺牘10開のうちの3開
1581年万暦九年辛巳 行書《致景峰禪丈書箚》 紙 19.7×ll2.8 鄂1-038△
1583年万暦十一年47歳夏四月《跋元人臨漢晋各帖》 紙 台北故宮博物院
《臨雑帖巻》 紙 26×343 遼寧省博物館 遼1-167△
 (1)1583年万暦十一年癸未 臨鍾繇、王羲之、(2)臨王献之、
 (3)1572年36歳 臨12家
1583年万暦十一年癸未《臨雑帖巻》 紙 26×343 遼1-167△
行草書《天開洞壑両峯蟠七絶詩》大軸 東京国立博物館 米芾を学んだ佳作
行書《山居雑賦巻》 31.5×665 東京国立博物館 祝允明の影響
 自作五言絶句8首58行 厳しい起筆と骨力ある運筆、莫是龍書巻の傑作
行書《半塘寺訪鏡泉上人五律詩》 紙 141.5×37.5 京1-1999△ 基準作
行草《謝家池館盡滄波七律詩》 紙 137.7×36.6 上海博物館 滬1-1149△
草書《指點諸峯裏五律詩》 紙 163.1×38.3 上海博物館 滬1-1151△
行書《自書》 紙 202.0×39.7 上海博物館 善畫者畫意不畫形
《行書》 紙 22.5×20.9 京1-1996△
行書《五言律詩》扇面 金箋 18×53.5 京12-031△
行書《五絶詩》 絹 120.2×29.8 吉1-063△
行書《五律詩》 金箋 15.8×40.8 京1-2000△
行書《五律詩》 紙 16.3×49 京1-2001△
行書《詩巻》 紙 18×406 陝1-04△
行書《詩箚》 紙 121×l8 滬7-0053△
行書《詩箚》 紙 18.5×67.2 上海博物館 滬1-1148△
行書《前人筆記》 紙 122.5×32.7 上海博物館 滬1-1152△
草書《揮手七絶詩》軸 紙 133.5×53.7 台北故宮博物院
草書《揮手七絶詩》軸 紙 137×28.7 遼寧省博物館 王乃棟:疑
行書《七絶詩巻》 紙 28.7×l37 遼1-171△
行草《五古詩》 紙 150.5×70 広東省博物館 1-0123△ 王乃棟:疑
草書《五律詩》 紙 119×37.5 京1-1997△
草書《七絶三首巻》 紙 24.4×183.6 上海博物館 滬1-1146△
 自作「三竺」「北固山」「金山寺」30行 渇筆を多様、沈静な趣
行書《五律詩》 紙 上海博物館 滬1-1150
行書《山居雑賦》 紙 浙1-046
行書《詩箚十三通》 紙 上海博物館 滬1-1147
行書《手箚》 紙 京4-08
行書《題東遊記勝後語》 紙 京1-1995
行書《致茂倹箚》 紙 蘇1-102
行草《五絶詩》 紙 京1-1998
画:
1567年隆慶元年丁卯《書画巻》 紙墨 15.1×519.2 上海博物館 滬1-1145△
1571年隆慶五年辛未《書画巻》 紙設 26×l23 京9-020△
1573年《雲山図合巻》 紙墨 20.8×233 津7-0223△ 莫:万暦元年癸酉 陳継儒との合作
1574年万暦二年甲戌《煙江畳嶂図》 金箋墨 浙5-016
1574年《疏林散鶴図》 紙墨 60.7×27.6 上海博物館 本郷の為、1581年自跋「筆墨蒼潤」
1575年以前《仿黄公望山水図》 スイス・ドレノワッツ蔵
1576年万暦四年丙子《観梅帰舟図》 紙設 70×32 滬8-009△
1577年万暦五年丁丑《山水図》 紙設 107×30.2 京1-1992△
1578年万暦六年戊寅《水閣遙山図》 紙墨 58.9×28.8 遼1-168△
1581年《山水図》 紙墨 120.5×41.7 エリクソン蔵
 辛己秋日寫於石秀斎中雲卿 陳継儒題
1581年《山水図扇面》 紙(雲母)墨 18.6×54.8 京都国立博物館 JM11-140-2
 辛己秋九月画於石秀斎中雲卿 裏面の書は・景鳳
1586年《山水図》 紙墨 支那南画大成第9巻 単純化が進む
《山水図》 紙墨 107×29.7 台北故宮博物院
《仿古山水図》 紙墨淡 119.0×41.0 メトロポリタン美術館 A1-256
《山水図扇面》 金箋墨淡 18.4×54.4 ヴィノグラード蔵 A52-11
《山水図扇面》 金箋墨 15.7×49 パリ・ドュボサック
《山水図》 紙墨淡 41.5×28.1 ベルリン東アジア美術館 E18-65
《山水図》 金箋設 津7-0224△
《山水図》 紙設 津7-0225△
《山水花卉図》8開 紙設 18.5×3918 津7-0222△
《詩箚巻》 紙 18×296 遼1-170△
《書畫》 紙設 12.4×l7.7 遼1-169△
《乱山秋色図巻》 紙墨 16.7×l89 渝1-058△
《雲墜人衣図》 絹設 88×30 津6−007
《東岡草堂図》 紙設 131.6x53 台北故宮博物院
 題:秋色離離到草堂。早看疎葉點新霜。道人自得闥味。睡起攤書映夕陽。
    寫東岡草堂圖并題。雲間莫是龍。
 画は別人?

陳継儒 1558-1639
字仲醇、眉公、号糜公 華亭(松江)人 生涯仕官せず 董其昌と莫逆の友
[作品]
詩文:『皇明書画史』『眉公秘笈』『書画金湯』他、明末の出版ブームによる編著多数
書:蘇軾、米芾に学び風致
行書《七律詩》 北京故宮博物院
画:墨梅は清遠な気韻 墨竹、山水も善くする
《墨梅図冊》 京都国立博物館 詩書画一致

第2期松江派:蘇松派
趙左 16-17C前
字文度、華亭(松江)人 少年時京師に遊び秋草の詩で有名になり、趙秋草と呼ばれた 山水は宋旭に師、清潤な筆墨 董其昌の代筆をする
[作品]
《山水図》(望山垂釣) 北京故宮博物院
《溪山高隠図巻》 景元斎蔵

第3期松江派:雲間派
沈士充 16-17C前
字子居、華亭(松江)人
[作品]
山水は宋懋晋、趙左の門下 疏朗な画風 董其昌の代筆をする
1616年《仿古山水図》 33.0×22.2 デトロイト美術館
1632年《山水図巻》 所在不明
1633年《寒林浮謁図》 故宮博物院 波打つ山と樹

【蘇州】
李士達 1540頃-1620以降
呉門蘇州人、字は通甫、号は仰槐(よくかい)、仰懐。1574年万暦二年の進士。晩年は石湖の近くの新郭に隠棲。
[作品]
呉派と多く謝時臣の影響。日本に多く舶載される
論画:「山水有五美,蒼、逸、奇、円、韻」
1606年《瑞蓮図》 台北故宮博物院 1茎2花の並蒂蓮
1617年万暦四五年冬《三駝図》 紙本墨画 78.5×30.3cm 北京故宮博物院
 銭允治題:張駝提盒去探親,李駝遇見問縁因,趙駝拍手呵呵笑,世上原来無直人。 ゴムマリ形にデフォルメし風刺された人物。明末の丑美の系譜。
1618年《歳朝村慶図》 紙本着色 132.9×64cm 北京故宮博物院
 落款“戊午臘月写於石湖,李士達。”石湖隠棲後の作、呉派が描かなかった庶民風俗の主題
◎1619年万暦四七年《秋景山水図》 静嘉堂文庫美術館
《竹裡泉声図》 東京国立博物館 桑名鉄城、江田家旧蔵
《石湖雅集図扇面》 橋本氏蔵

盛茂Y 17C前
号研菴 呉郡蘇州人 煎茶趣味により日本に数多く舶載される
[作品]
画は山水、人物を善くし、自然主義による写景図に優れ「烟林清曠の概」
1620年《唐人詩意画冊》 28.7×35.2 紙著 国華775
1620年《渡津図扇面》 国華882
1623年《寒山暮雨図扇面》 国華882
1626年天啓六年《山水図》 市河三鼎氏蔵
1626年《観桃夜宴図扇面》 国華882
1630年《天池石壁図》 高芙蓉旧蔵 国華882 呉派風 コピー? 池大雅箱書
1631年《山澗水陰図扇面》 国華882
1633年《秋山観瀑図》 橋本氏蔵 題王維詩
1637年《山居訪問図》 国華543
《山水冊》6開 金箋墨画 国華258,283 茂Y山水の秀作

卞文瑜 1576-1655
字潤甫、号浮白、本性徐 呉門蘇州人 董其昌に学ぶ
[作品]
1637年《一梧軒図》 紙淡 100×44.5cm 北京故宮博物院
1639年《拂水山荘図》 故宮博物院 赤城山の景
1651年《梅花書屋図》 北京故宮博物院
《山水冊》8開 19.5×15.5 中貿聖佳2005年7月拍売 李経跋 晩年

張宏 1577-1668
呉門蘇州人
[作品]
名所での実際の感興から想を得た写景図を善くする
1634年《棲霞図》 台北故宮博物院 真景図
1635年《延陵挂剣図》 北京故宮博物院

邵弥 1592頃-1642
字僧弥、号瓜畴、芬陀居士、長洲(蘇州)人
[作品]
書法、詩文を善くする
元人に学んだ簡雅な山水、蕭疏な墨竹
《溪亭訪友図》 紙本墨画着色 50.0×34.6 橋本氏蔵

【泉州】
王建章 17C前 ?-1627-1650-?
字仲初、号は硯(研)田荘居士、硯墨居士 福建泉州人
明末の遺老、泰州宮偉鏐(紫玄,1643科挙)、ツ向(香山、道生,1586-1655)、黄道周、張瑞図らとの交友
1649年一説に日本に赴く(『宋元明清書画名賢詳伝』「王硯田建章」鶴州の号)
[作品]
初め仏画を善くし、山水は董源を祖述した復古的画風から、李郭派、浙派に倣うもの、明末張瑞図の影響の強い奇想の山水まで多様な作風 写生は絶芸と評された
“仲初喜畫佛像,自謂不讓李公麟;山水祖述董源。筆力雄健,有不可羈勒之概。然性廉重,非同志不輕落筆。”宮偉鏐『春雨草堂筆記』
ツ向は“墨有五採,非世人所知。”との評
黄檗僧や福建商人により日本に舶載され、江戸明治の煎茶人たちに珍重される
それに伴い多様な偽作
 参照:『小萬柳堂劇蹟』『王建章扇面帖』大正三年珂羅版所収の廉泉(字惠卿、号南湖、上海文明書局社長,1868-1931)所蔵扇面24幀など(図版は古原宏伸「王建章筆「硯田荘扇面冊」」『国華』1241を参照)
1627年《米法山水図》 金箋 静嘉堂文庫美術館 梅村家伝来
1627年《山水図扇面》 金箋 静嘉堂文庫美術館 佐竹家旧蔵
1638年《花卉図》 泰州宮氏→原田耕三氏蔵 天地に17種の花卉 画体の描分け
◎《川至日升図》 静嘉堂文庫美術館 晩年の代表作
《飛泉喬松図》 根津美術館 煎茶人に珍重 池島正箱書
 福建→日本明治大阪→長崎曽根乾堂→岩崎久弥→植村和堂旧蔵
山水図 絹本墨画淡彩 154.8×49.2 アメリカ個人蔵

【杭州】 武林派
藍瑛 1585-1666
字田叔、号蝶叟、石頭陀、東郭老農、銭塘(浙江省杭州)人 貞開園に寓す
詩人として不繋園社との繋がり 謝彬と共に『図絵宝鑑続纂』編集にあたる
[作品]
山水は出身地の浙派を始め黄公望、呉鎮に学び仿古を得意とし各体に長じる
独特な抽象的形態とタッチの花鳥も善くする “浙派の殿軍”
劉度、子の藍孟、孫の藍深、涛など家学を継承 作品は日本に多く伝承される
1622年37歳天啓二年《溪橋話旧図》 172×61.3cm 北京故宮博物院 早期山水画
1628年44歳《溪山雪霽図》 台北故宮博物院
1629年45歳《天目喬松図》 橋本氏蔵
1637年53歳《山水図扇面》 金箋着色 スイスVanoti氏蔵
1648年64歳《秋壑高隠図》 223.8×83.9cm 紙本淡彩 上海博物館
1653年69歳《澄観図冊》8開 北京故宮博物院
1654年70歲《秋色梧桐図》 北京故宮博物院 率意の花鳥画
1655年71歳《桃花漁隠図》 189.6×67.8cm 北京故宮博物院 晩年青緑山水の代表
1656年72歲《秋山行旅図》 187×68.5cm 天津芸林閣 北宋末期の様式 精品
1657年73歲《雲壑蔵漁図》 369×98cm 北京故宮博物院 モビール的構成大画
1658年74歲《白雲紅樹図》 北京故宮博物院 仿古青緑山水の代表作
◎《秋景山水図》 静嘉堂文庫美術館 谷文晁が模写

【嘉定】
程嘉燧 1565-1644
字孟陽、号松圓、偈庵。安徽休寧人。1588年富商である父の死後貧困、応酬画が多くなる。初め杭州に寓し後、嘉定に遷居
[作品]
詩文:『松圓浪淘集』『松圓偈庵集』『破山興福寺志』など
画:応酬の画が多く、半数近くが扇面画
 銭謙益の画評「酒闌歌罷,興酣落筆,尺蹏便面,筆墨飛動」
山水画は黄公望、倪瓚に学び簡率・野逸の趣、新安画派へ影響
1624年《秋溪畳嶂図》 台北故宮博物院
1630年《山水図》
 自題:不見雲林二百年,誰將凡骨換神仙。茅齋疎柳秋光後,拾得金丹在眼前。
《仿呉鎮高逸図》 呉鎮、黄公望に倣う
《柳橋山寺図》扇面 紙本墨画 17.5×50 安徽省博物院

李流芳 1575-1629
字長蘅。祖は安徽歙県人、嘉定に流寓、進士試験を数度受けたが、第しなかったため断念、結核を病む。杭州西湖を愛し清暉閣を築き、作詩、遊覧に一生を過ごした(伝は銭謙益「李長蘅墓誌銘」『牧斎初学集』)
[作品]
画は元人、黄公望、倪瓚、呉鎮に学ぶ
1618年《唐宋詩意山水図冊》6開 ボストン美術館 王志堅の爲 病んだ姿
《山林読書図》 紙本墨画 122.4×58.5 安徽省博物院

【嘉興】
項聖謨 1597-1658
字孔彰、号易庵、浙江嘉興人 明の大コレクター項元汴の孫
[作品]
山水、花卉は、初め文徴明、後に宋元諸家に学ぶ 古雅天真の画風
1641年《雪影漁人図》 北京故宮博物院
1649年頃《大樹風号図》 北京故宮博物院
1653年《放鶴洲図》 北京故宮博物院
1653年《朱葵石像》 北京故宮博物院 謝彬との合作
《林泉高逸図巻》 紙墨 33.6×126.2 上海博物館 魯得之1585-1660-の為
  →★参照:嘉興図書館−項聖謨専題

【蕪湖】 姑熟派
蕭雲従 1596-1673
字尺木、号默思、無悶道人、鐘山老人、安徽蕪湖人
明朝崇禎時に副貢生の官、1638年崇禎十一年復社に入り、閹党保守勢力と対抗する 明朝遺民として清に仕えず
[作品]
詩文:六書六律、特に杜甫に精通し『杜律細』を書く 著に『梅花堂遺稿』
画:山水画は、倪瓚、黄公望を学び、枯れて方折のある用筆
人物画は李公麟の白描法と明代陳洪綬を倣う、花卉に長じる
◎《秋山行旅図巻》 紙本淡彩 25.4×551.8 東京国立博物館 早期作
 1657年62歳自題:作此畫幾十年矣。當時偶没之廃册中。若不知有此。今余年六十有二,重一相遇閲之不能復得,因以嘆有之脛力強壮工細自適,誰謂画師必老而後佳耶。 丁酉花朝題/鐘山蕭雲從
1652年順治九年57歳《雪岳読書図》 125.3×47.7 北京故宮博物院 
 款識:皇旅雲騰度渭河,將軍高唱大風歌。 壬辰長至,為以至社盟作雪岳讀書圖。時得三秦好音,附此小歌呈教。鐘山梅下弟蕭雲從(明朝遺民の主題)
1662年采石太白楼壁画《匡盧、峨嵋、泰岱、衡岳四名山図》 太平知府胡季瀛守が病の蕭雲従に描かせ賞賛されたが、太平天国の乱の時に焼失
1665年70歳《青緑山水図卷》 33.5×782.8 上海博物館
 唐王維輞川図巻に倣う 湯燕生跋
1645年刊《離騒図》 李公麟《九歌図》に題材 清代徽派人物版画の代表作
1648年刊蕭雲従画・湯尚刻《太平山水図》43幅 清代徽派版画の代表作
蕭雲従の影響は蕪湖を中心に“姑熟画派”を形成
弟雲倩,子一 ,侄一荐、一箕,猶子一芸 黄戢、施長春、施道光などが継承
摯友の僧侶画家弘仁の早期山水画に影響

【南京】
曾鯨 1568-1650
字波臣、福建甫田人、南京に流寓 
[作品]
西洋画法を取り入れた肖像画に長じる
肉身部に淡墨を数十層にも重ね精緻な明暗を作ってから着色 “波臣派”と呼ばれ流行
《葛震甫像卷》 北京故宮博物院
《呉允兆像》 北京故宮博物院 胡宗信との合作


明末の奇想の画家たち
長条幅、絖本(サテン)を好んで使用 デフォルメされた奇怪な山水、人物を創造

呉彬 16-17C前
字文中、号枝隱頭陀、福建甫田人 万暦中、南京の宮廷画家、官は工部主事
[作品]
山水は北宋の復古、人物は羅漢に長じ、独自にデフォルメされた幻想的なイメージを創造
1591年万暦元年《山水図》 Berkeley Art Museum ケーヒル旧蔵
1592年万暦二年壬辰《洗象図》 紙設 京7-015
1596年万暦二四年丙申《林巒秋色図》 紙設 京1-1967
1596年万暦二四年丙申/万暦二六年戊戌《呉彬、文從昌山水》 紙 呉:設/文:墨 蘇24-0150
1601年万暦二九年辛丑《叢嶂層巒図》 紙設 222.6×50.1 蘇24-0151△
1601年万暦二九年辛丑《渇筆山水》 絹墨 京1-1968
1602年万暦三年壬寅《普賢像》 紙設 127.6×66 京1-1969△
1603年万暦三一年癸卯《明皇幸蜀図》 紙設 54.5×31.6 津7-0216△
1603年万暦三一年癸卯《秋獵図》 金箋設 京1-1975
1608年万暦三六年戊申《山陰道上図》 紙設 31.8×862.2 上海博物館 滬1-1214△
1610年万暦三八年庚戌《百道飛泉図》 絹設 235.5×97.5 蘇12-01△
1610年◎《涅槃図》 絹著 401×208.5 長崎崇福寺
1616年万暦四四年丙辰《山村雲繞図》 金箋墨 18.3×53.2 蘇24-0152△
1616年万暦四四年丙辰《繞邨水閣図》 金箋墨 皖1-079△
1617年万暦四五年《千山萬壑図》 絹墨 224×64 インディアナポリス美術館 ケーヒル旧蔵
1626年天啓六年《方壺図》 320×101 北京故宮博物院
《歳華紀勝図冊》12開 台北故宮博物院 12ヶ月の月令を細密に描く
  2鞦韆,6純夏,7中元,8玩月,9登高,11賞雪
《含雨釀雲図》 紙設 139.3×32 上海博物館 滬1-1216△
《群山削立図》 絹設 144.5×57.5 魯1-043△
《岱輿図》 綾設 148.1×38.7 浙1-049△
《樓閣淩空図》 絹墨 149.5×52 浙3-01△
《山閣倚雲図》 絹墨 165×62.5 川2-015△
《千岩萬壑図》 綾設 170×46.8 北京故宮博物院 京1-1970△
《峰巒承秀図》 絹設 190×76.5 閩1-005△
《雲嶺飛泉図》 絹設 321×l44 7-01△
《松閣高山図》 紙墨淡 308×98.4 サンフランシスコアジア美術館B69D17
《群山萬壑巻》 紙設 30×712 津7-0217△
《靈壁石図巻》 紙墨 55.4×1150.3 上海博物館 滬1-1215△
《柳溪釣艇図》扇面 金設 17.6×49.8 京1-1976△
《羅漢図》 絹著 エリオット氏蔵 プリンストン大学美術館
《達摩像》 紙設 118×53.3 北京故宮博物院 京1-1972△
《佛像》羅漢図 絹設 146.2×76.3 北京故宮博物院 京1-1971△
《蓮社求友図》 紙設 69.1×28.4 浙1-048△

丁雲鵬 1547-1628
字南羽、号聖華居士、安徽休寧人 人物、仏像を宋元、文徽明、仇英に学ぶ
中年は極めて精緻、晩年は簡煉に 山水も長じる
《観音図巻》 紙著 ネルソン美術館
《三教図》 北京故宮博物院

崔子忠 1594?-1644
初名丹、字開予、後に名子忠、字道毋、号青蚓(一作青引) 北海(山東省莱陽)人
北京に流寓、順天府生員となる 1633年頃董其昌を訪問 北京陥落後、絶食して死
[作品]
人物は周文矩に学び、高古な画風、当時陳洪綬と共に“南陳北崔”と呼ばれた
《蔵雲図》 北京故宮博物院
《洗象図》 絹著 フリーア美術館 他に北京故宮本、台北故宮本 6月の儀式
1636年《夜宴図》 絹著 ニコラス・ケーヒル氏蔵
《許旌陽移家図》 絹著 クリーブランド美術館 払宅昇天の瞬間を描く

陳洪綬 1598-1652
字章侯、号老蓮、明滅亡後は悔遲、老遅など 浙江諸曁人
藍瑛に学び早くから天才を発揮する 明末一時、待詔となる
[作品]
書画、詩文を善くする 当時、崔子忠と共に“南陳北崔”の称
詩文:『宝綸堂集』
書:行書《五律詩》 北京故宮博物院
画:人物、花鳥、山水に独自にデフォルメしたアルカイックなイメージを創造
綉像や『西廂記』『水滸葉子』『博古葉子』など通俗書の插図も手掛け、名工の刻をへ明清版画の傑作を生む
1635年《喬松仙寿図》 絹著 台北故宮博物院
1638年《宣文君授経図》 絹著 クリーブランド美術館
1650年《陶淵明故事図巻》 絹淡 ホノルル美術館 白描風
《松溪対奕図》 紙淡 210.4×95.8 上海博物館
《黄流巨津図》 北京故宮博物院
《晋爵図巻》 北京故宮博物院
《雜画図》 北京故宮博物院
《荷花鴛鴦図》 北京故宮博物院
《梅石図》 北京故宮博物院


明末清初ロマン派の文人書画家
長条幅、絖本(サテン)に連綿草による鬱然とした行草書の大作

米万鐘 1570-1628
字字仲詔、号友石、又号海淀漁長、石隱庵居士 陝西安化人 錦衣衛となり北京に居米芾の後裔 董其昌と共に“南董北米”と呼ばれた
1595年万暦二三年進士、江西按察使を任
1625年天暦五年魏忠賢の党人倪文煥に弾劾され籍を削られる
1628年崇禎元年官は太僕寺少卿に至り卒 その庭園、勺園は現在の北京大学
[作品]
詩文:『篆隷考訛』
書:米芾に倣い行草を善くする
行書《七言詩句「長歌達者杯中物」》 北京故宮博物院
行書《七言詩句「蝶粉輕沽」》 北京故宮博物院
画:山水は北宋以前を慕い、呉彬と切磋琢磨する 花竹を描く 

張瑞図 1570-1641
[生涯]
字長公、号二水、果亭山人、白毫菴道者、芥子居士 福建晋江泉州の農家に生
1607年万暦三五年38歳進士、探花及第(殿試第三位合格)
1626年天啓六年宦官魏忠賢により7月礼部尚書東閣大学士に至る「大學士章」印
1627年58歳毅宗崇禎帝即位、弾劾始まり、魏忠賢失脚し10月19日自殺
1628年瑞図も閹党として弾劾されるが、3月毅宗は太保の官を送り郷里に戻る
1629年朝廷での執拗な「逆案」追及により、張瑞図も官位を剥奪され民に落とされる
以降10数年間晋江の郷里で禅に帰依し、詩文書画に余生を送る
[作品]
子・張潜夫と黄檗宗の隠元、木庵、悦山との交友から、書画共に江戸時代の日本に多数もたらされる
詩文:1639年編『白毫菴集』内閣文庫蔵
書:鋭い扁筆を左右に振子状に揺らし連綿する行草書 明末連綿草の先鋒
  小楷は扁平で犀利、個性的なくせ
初期:万暦年間 祝允明、陳淳の草書の影響、小楷は独自
1596年万暦二十四年《草書杜甫  行詩巻》 紙本 22×170.3 遼寧省博物館
1615年万暦四十三年《小楷陶淵明桃花源記》 搨本 27.5×14×4
成熟期:天啟年間 旺盛な創作
1621年天啟元年《行草感遼事作詩巻》 綾本 29×381 日本個人蔵 柔らかいタッチ
1622年天啟二年《行草李夢陽脩然臺詩巻》 絹本 上海博物館
1622年天啟二年《草書五言詩巻》 絹本 32.5×623 遼寧省博物館
1622年天啟二年《行草辰州道中詩巻》 絹本 台湾王壮為
1623年天啟三年《草書本蘭詩巻》 絹本 31.1×612 首都博物館
1623年天啟三年《行草蘇軾後赤壁賦巻》 台東区立書道博物館
1623年天啟三年《行草詩評絛屏》 紙本 220×46×4 蘭千山館
1623年草書《千字文巻》 香港個人蔵 円潤中鋒の筆
1624年天啟四年《行草王世貞国朝詩評巻》 綾本 30×1578.7 上海博物館
1624年天啟四年《行書蘇軾前赤壁賦巻》
1625年天啟五年《草書白紵歌詩巻》 絹本 湖北省博物館
1625年天啟五年《行草言志書巻》 絹本 首都博物館
1625年天啟五年《行草范仲淹岳陽楼記冊》 灑金紙
1625年天啟五年《草書聴琴篇詩巻》 綾本 24×49O 江蘇省美術館
1626年天啟六年《章草散文》 搨本
1626年天啟六年《草書蘇軾後赤壁賦巻》 紙本 北京故宮博物院
1626年天啟六年中秋《行書蘇軾後赤壁賦巻》 紙本 中国国家博物館
1627年天啟七年《行楷心経》軸 紙本 124.2×30.2 上海博物館
1627年天啟七年《行草欧陽脩醉翁亭記巻》 綾本 北京故宮博物院
1627年天啟七年《草書杜甫飲中八仙歌詩巻》 灑金紙 日本個人蔵 激しい草書の力作
1627年天啟七年《行草李白夢遊天姥吟留別詩冊》 紙本 25.7×30.5×14 榮宝斎
天啟六、七年頃爛熟期の大長絛幅
《行草書李白宮中行巣祠詩》 紙本 35l×99.9 上海博物館 「大學士章」印
《行書杜甫奉和賈至舍人早朝大明宮詩句》軸 紙本 344.2×96 首都博物館
 1字数10センチの大字「朝罷香烟携滿袖,詩成珠玉在揮毫。瑞圖」
《行書六言聯句》軸 紙本 356×99 榮宝斎
 1字数10センチの大字「脩竹茂林香院,喬松古木人家。瑞圖」
《行草書杜甫早起詩》軸 紙本 338×52
《行草書王建宮詞等四首絛屏》 綾本 261×94.5×4 宇治 黄檗山万福寺
《草書岑参登総持閣詩》軸 348×92 束京国立博物館 「大學士章」印
《行草書米芾西園雅集図記絛屏》 金箋 207×54.6×12 東京国立博物館
 2 3 4 5 6 「果亭山人瑞圖」款「大學士章」印 一気呵成、剛健な書風
《草書五言律詩「自種」》絖本 199.3×49.5 東京国立博物館 「大學士章」印
1628年崇禎元年《行楷米芾西園雅集図記》軸 紙本 240×74 北京故宮博物院
1628年崇禎元年《行草韓愈山石詩》軸 泥金紙 175×43 常州市博物館
晩期:崇禎年間 仏道への帰依、「白毫菴」
1629年崇禎二年《行草蘇軾赤壁懐古詞巻》 綾本 メトロポリタン美術館
1630年崇禎三年《行草銭起太子李舍人城東別業詩》軸 綾本 40.8×54
1633年崇禎六年《小楷王無功答馮子華処士書冊》8開、山水4開 灑金紙 23.5×14.6×15 日本個人蔵
1634年崇禎七年《行書米芾西園雅集図記絛屏》絹本 176.6×48×12 榮宝斎
1636年崇禎九年《草書欧陽脩醉翁亭記巻》 絹本 28×441 首都博物館
1638年崇禎十一年《楷書和陶淵明擬古詩冊》 泥金紙 20.4×13.1×14 北京故宮博物院
1639年崇禎十二年《草書燕子磯放歌行詩巻》 絹本 24.5×394 広州美術館
草書《王維五言絶句「終南山」》 絖本 168.9×47.7cm 京都国立博物館
画:「山水は蒼勁にして骨あり」『無声詩史』
◎1631年《松山図》 静嘉堂文庫美術館
1633年《山水図》 アメリカ個人蔵
◎《秋景山水図》 静嘉堂文庫美術館 1753年柳沢淇園、池大雅跋
《抜嶂懸泉図》 大阪市立美術館

黄道周 1585-1646
[生涯]
字は幼元、号は石斎 福建省漳浦の人 倪元璐とともに明末烈士として知られる
1622年38歳天啓二年の進士、反魏忠賢の闘争に参加、東林党五擘の一人
1638年54歳崇禎十一年入獄、《孝経》を書写し始める
明が滅ぶと福王、唐王を擁立、明室回復に努めるが、清軍に捕らえられ卒
[作品]
詩文書画にすぐれる
詩文:『易象正義』など儒学者として著多数 『黄石斎集』
書:古雅端正な楷書、斜体方筆のきつい行書 時に章草の筆意が混じる
1632年楷書《米万鍾墓表》 上海博物館 米万鍾死後4年後の公葬にあたり書
1645年楷書《張溥墓誌銘卷》 北京故宮博物院
《途中見懷詩》 北京故宮博物院
楷書《孝経冊》 東京国立博物館
草書《七言絶句「不翻邱報已經年」》 177.7×48.8cm 東京国立博物館
 青山杉雨氏旧蔵
草書《七言律詩「闌春」》絖本 236.0×53.0cm 東京国立博物館
行草書《七言絶句「緑城」》 東京国立博物館
画:山水、蔬菜、松石を描く
1632年崇禎五年《雁蕩山図》 天津博物館 長条幅 険怪な明末風山水
《松石図巻》 27.3×232.2cm 大阪市立美術館

倪元璐 1593-1644
[生涯]
字玉汝、号鴻宝、園客、諡は文正、清朝になり文貞 浙江上虞人
1622年30歳天啓二年の進士、翰林院庶吉士に。黄道周、王鐸と同期
1636年崇禎九年紹興へ帰郷 城内南端羅紋に新邸 三層の衣雲閣など園亭築造
 時方患目疾,取程君房、方于魯所制墨塗壁,默坐其中。堂東飛閣三層,扁曰衣雲。憑闌,則万壑千岩皆在扁下。(朱彞尊『静志居詩話』二十)
1642年崇禎十五年詔により家財を投じ勤王軍三百騎を率い北京へ
1643年崇禎十六年戸部尚書、翰林院学士となり政治財政軍事の立て直しにあたる
1644年崇禎十七年李自成の乱による北京陥落時、みずから縊死し明朝に殉じた
[作品]
詩文は世に重んじられ、書画共に独自
詩文爲世所重。行草書如番錦(舶来の錦)離奇(ねじれるさま),另一機軸。間寫文石(紋のある奇石),以水墨生暈,蒼潤古雅,頗具別致。亦文心之餘緒也。(姜紹書『無声詩史』)
詩文:『倪文貞集』(四庫全書本)、『倪文正公遺集』、1640年『兒易』
書:かすれ憂愁を帯びた気骨ある行草に優れる
1610年万暦三十八年庚戌行書《遊西山詩》 紙 北京故宮博物院 京1-2851△
1628年崇禎元年戊辰行書《五律詩》毎承 紙 168×45.3cm 湖北省博物館 鄂1-088△ 二13
1638年行書《五言絶句十首「古盤吟」冊》 林熊光→日本個人蔵
 黄道周との合璧 『書論』第34号,2005年4月
行草書《杜牧詩贈李秀才是上公孫子》 北京故宮博物院
行書《五言律詩》已作不栖鴉 絹 128.2×43 上海博物館 滬1-1934△ 早期?
行書《五言律詩》已作不栖鴉 紙本 130.2×60.4 上海博物館 晩年? 二11
 已作不棲鴉,隨風轉鹿車。絲雲抽繭谷,針雨刺紋紗。
 來去千年鶴,官私兩部蛙。看惟城郭是,愁聽此囂譁。 索郵騎大譁感賦

行草書《七言絶句「章華宮人夜上楼」》紙本 134.0×50.8 東京国立博物館 二10
行草書《五言律詩「満市花風起」》絖本 165.0×47.3 東京国立博物館 中年期の作
行草書《五言律詩「橋影如長練」》絖本 161.0×46.3 尾崎春盛氏→東京国立博物館 後年熟
行草書《七言絶句「寂莫幽斎暝煙起」》絖本 188.0×40.0 東京国立博物館 晩年潤渇の対比
行書《五言律詩「舎舟」》 絖本 161.6×50.4 藤井斉成会有鄰館 二14
行書《七言絶句「山自」》 紙 122×50.5 関雪記念館蔵 二7
1632年以降行書《五言律詩「不悟黄河面」》 関雪記念財団蔵 頼山陽跋
行書《七言絶句「天方」》 紙 182.7×49.5 ふくやま書道博物館蔵 二7
行書《七言二句》朝爲 紙 138.5×28.2 林氏蘭千山館 二2
行書《題小桃源図詩》 綾 133×41.2 北京故宮博物院 京1-2859△中→晩過渡期
行書《詩》 金箋 18×54.9 北京故宮博物院 京1-2861△
行書《自書詩》 綾 167.5×48 北京故宮博物院 京1-2858△
行草《七絶詩》 紙 129×63 北京故宮博物院 京1-2856△
行草書《蘇軾詩》 金箋 17.3×52.2 北京故宮博物院 京1-2863△
草書《五律詩》 綾 184.5×46 北京故宮博物院 京1-2857△
草書《登松風閣詩》 金箋 16.9×54 北京故宮博物院 京1-2862△
行書《七古詩》袍能 綾 89.2×39.5 上海博物館 滬1-1931△ 二1
行書《五律詩「李白詩」》犬吠 紙 123.6×48.9 上海博物館 二3
行書《五律詩「金山」》巨霊 紙 128.2×43.1 上海博物館 二16
行書《杜詩》 綾 81×261 上海博物館 滬1-1937△
行草書《五律詩》 紙 103.7×60.3 上海博物館 滬1-1933△
行草《老竹嶺七律詩》喜不 紙 184.5×81.7 湖北省博物館 鄂1-092△ 二5
行書《九日有賦詩》使得 綾 218×70 湖北省博物館 鄂1-091△ 二6
行書《集範吏部瀾園詩》十開 紙 31.8×57.8 湖北省博物館 鄂1-090△
行書《奏稿手箚》十六開 紙 27.5×32.5 湖北省博物館 鄂1-089△
行書《訪客出春明門詩》 綾 125×49 湖北省博物館 鄂1-094△
行草《金山詠詩》 綾 126.3×49.5 湖北省博物館 鄂1-093△
行草《楚辭》 絹 149×51.6 湖北省博物館 鄂1-095△
行草書《讀徐九一疏草詩》三萬巻 絹 150.2×46.7 四川省博物館 川1-145△ 二15
行書《卜居五律詩》 綾 171.3×52.5 四川省博物館 川1-144△
草書《五律詩》故人隔天風 綾 169×40 山西省博物館 晉1-036△ 二18
行書《詠物詩》 絹 陝1-15△
行書《五言詩》 綾 150.05×49.1 浙1-127△
行書《五古詩》 金箋 蘇1-203△
行書《五律図》 綾 177.8×48 1-0293△
行書《五律詩》 絹 157.8×48 浙3-05△
行書《五律詩》 紙 178×54.5 遼2-083△
行書《五律詩》 金箋 吉1-102△
行書《七言二句 紙 121.9×28 遼1-279△
行書《七律詩》 金箋 皖1-182△
行書《七絶図》 紙 133×46 4-2△
行書《七絶詩》 綾 128×22 魯7-25△
行書《題畫七絶詩》 綾 208×52 遼2-084△
行書《致黄道周書箚》五開 紙 各26×l2.8 閩1-024△
行書《卜居詩》 綾 175×50 遼6-07△
行草書《七言二句》 絹 85×24.5 1-0291△
行草書《七絶》 絹 194×49 1-0292△
草書《五言詩》 絹 44×l56 浙4-035△
草書《七言詩》二句 絹 149×45 魯2-038△
草書《七律詩》 綾 179.5×43.6 浙18-016△
画:奇石、山水を善くする
1620年《山水図扇面》 金箋 泉屋博古館
1621年天啓元年辛酉《松蔭客話図》 金箋墨 2-140△
1629年《山水図巻》 絖本 京都国立博物館 仿元人
1630年崇禎三年庚午《山水図》 金箋墨 上海博物館 滬1-1927△
1632年崇禎五年壬申《松石図》 綾墨 24.3×l77.5 津7-0488△
1633年崇禎六年《画竹扇面》 17.6×52.1 北京故宮博物院
1636年《文石図》 絖本 156.3×47.8 大阪市立美術館
1638年《古木竹石図》 絖本 112.5×47.5 広東省博物館
1638年崇禎十一年戊寅《古木竹石図》 綾墨 112.5×47.5 1-0290△
1639年崇禎十二年己卯《山水花卉図》八開 綾墨 37.3×65.3 上海博物館 滬1-1928△
1640年崇禎十三年庚辰《山水図》 金箋墨 浙1-126△
◎《秋景山水図》 静嘉堂文庫美術館
《仿米芾山水図》為瞿式耜 金箋墨 17.6×53 北京故宮博物院 京1-2860△
《山水図》 灑金箋墨 25.73×30.4 上海博物館 滬1-1929△
《花卉図巻》 フリーア美術館 菊梅水仙
《木石図冊》 蘭千山館蔵
《石交図冊》11開 絖本墨淡 エリオット氏旧蔵 
《松石図》 個人蔵
《松石図》 紙墨 蘇6-069 劉:舊畫,疑乃張大千加。△
1640年崇禎十三年庚辰《山水図》 紙墨 蘇6-068 劉:款似後添,傅:僞

王鐸 1592.12.11-1652.2.17(西暦:1593.1.2-1652.3.26)
[生涯]
字覚斯、号は石樵、崇樵、雪庵、雪山道人、斎号擬山園など 河南省孟津人
美鬚をたくわえた屈強な体躯をもつ
1622年天啓二年の進士、翰林編集より礼部尚書を歴任
明朝滅亡後、南京の福王に仕える
1645年順治二年清に下り、明史副総裁より礼部尚書に栄進(『清史列伝』弐臣伝)
[作品]
詩文:『擬山園選集』黄道周選、倪元璐等の序
書:行草を王羲之・献之に、楷書は顔真卿に学ぶ 雄健野人の構築的な書
一日は法帖の臨模、一日は需に応じ創作にあたったという
行書《五言律詩「日夕來禪寺」》絖本 195.5×52.4 青山杉雨旧蔵 東京国立博物館
1642年行書《五言律詩五首巻》絖本 32.0×658.0 東京国立博物館 張抱一の為 禿筆風
1642年草書《七言律詩五首巻》絖本 26.0×469.0 東京国立博物館 為張抱一
1647年夏行書《五言律詩》絖本 240.0×46.8 林宗毅旧蔵 東京国立博物館
1647年10月草書《臨柳公権尺牘軸》絖本 227.3×50.5 東京国立博物館
1650年行書《五律北方偶作詩軸》絖本 272.5×51.0 東京国立博物館
《臨右軍帖》絖本 190.5×49.0 東京国立博物館 起筆の重墨
《臨大令帖「不審」》絖本 321.0×51.5 東京国立博物館
《臨王筠帖「筠和南至」》 上海博物館 明代草書の新境界
《臨清和帖「桓公十月」》 藤井有鄰館
専帖に《擬山園帖》
画:山水は荊浩、関同はじめ宋元諸家に学び、梅蘭竹石は墨色豊かな画風
1637年46歳《山水図》 絖本 藤井有鄰館
1640年49歳《六根無塵図》 橋本氏蔵 6幹の竹
1643年《書画合巻》 1643年竹蘭菊石図と1644年福王幕下の書の合装
1647年《山水図扇面》10幀 北京故宮博物院 1647,49,50,51年の合装
1649年順治6年《書画合璧》 32.8×610.8 絖本 大阪市立美術館 淳化閣帖臨書の間に山水
1649年《夏景山水図》 静嘉堂文庫美術館 高彦敬風
1649年《枯蘭復花図巻》 宋権の為 二朝の瑞祥を寓意 花卉画の代表作
1649年9月《墨花図巻》 花卉10余種 粉紙に重墨、一気呵成の作
1650年59歳《設色山水図冊》6開 遼寧省博物館
 題:予字畫詩文愛七増三。各隨所見耳。…
1651年辛卯4月60歳《山水図》 117.2×54.9 メトロポリタン美術館
 最晩年心境の集成として題が数度に亘って綴り加えられる
B画之皴法十餘家非一例論也,如字之諸體可一轍議乎。此道甚難,略識于是。 四月初六日薄暮又殘。
A辛卯四月初六日朝中歸,過飲。憲石學士逋齋,許以畫是日。日夕點染。
@此幅東憲公。順治辛卯三月廿三日畫。此一行三月書也。  王鐸畫于長安


傅山 1607-1684
[生涯]
初名鼎臣、字青竹のち青主、仁仲、号は傅山、真山、僑山、傅僑山、僑黄山、僑黄老人、僑黄之人、公他、公之它、石頭、石道人、嗇盧、六持、丹崖子、丹崖翁、濁翁、濁堂老人、青羊庵主、不夜庵主人、朱衣道人、酒道人、酒肉道人、傅道士、傅居士、五峰道人、龍池道人、觀化翁、橘翁、大笑下士、仁仲、西北老人、紅葉樓主など
陽曲 (山西省太原) 人
幼少から典籍を精読、山西省晋陽の袁継咸の三立書院にて首席
明の滅亡後、明遺民として金陵、太原、百泉などの反清抗争に参加
五峰山の龍池道院にて黄冠朱衣の道士に身をやつす
1678年康熙十七年博学鴻詞科に推されたが、病と称して出仕を拒む
[作品]
詩文:『霜紅龕集』 戯曲に『紅羅鏡』など
 《丹崖墨翰巻》 魏一鼇1611-1692へあてた18の信札集 香港葉承耀蔵
書:長条幅に情懐の迸る連綿草の行草、小楷、異様な篆書
1655年頃狂草書《餞蓮道兄十二条屏》47行600字 絖本 Christopher Luce蔵
 老友酒道人魏一鼇のため 溌剌奔放な傅山中期の代表作
1656年行楷書《奉祝碩公先生六十歳序》12幅 上海博物館
1663年頃行草書《燕文貴江山楼観図巻跋》 大阪市立美術館 1663年殷岳跋
1667年頃草書《五言古詩巻》86行533字 絖本 25.4×336.8cm 日本個人旧蔵
 王毓青の為 晩年の傑作 2010年秋嘉徳拍売4872万元(約8億円)にて落札
1677年行草書《天澤潤公碑》 原碑山西省博物館 晩年行草の代表作
行草書《祝賜予六十寿》12幅屏 37行523字 絖本 200×51.5cm 山西省博物館 70歳前後の傑作
1681年草書《七言絶句「老来」》 絹本 Akiko Yamazaki and Jerry Yang
1684年行草書《晋公千古一快》4幅 絖本 晋祠博物館 最晩年作 郭末若跋
草書《双寿詩「乾坤惟此事」》 絖本 上海博物館 
草書《五言律詩「月黒一綫白」》 日本個人蔵 壮年期の旋回する連綿草
草書《五言律詩》 絖本 236.0×49.8cm 東京国立博物館
草書《五言律詩》 199.8×45.3cm 林宗毅旧蔵 東京国立博物館
草書《臨王羲之知欲東帖》 絖本 154.0×47.6cm 東京国立博物館
真行草書《雑書冊》 東京国立博物館
草書《五言古詩》 静嘉堂文庫美術館
草書《五言絶句四首》屏4幅 絖本 194.3×48.0cm 青山杉雨旧蔵
 東京国立博物館 1 2 3 4
狂草書《七律中堂「愁心」》 何創時書法芸術基金会 奔放な中期狂草
草篆書《遊仙詩》十二屏 澄懐堂文庫美術館 草篆混淆の奇想の書
雑体書《嗇廬妙翰卷》 紙本 31×603cm 何創時書法芸術基金会 異体混淆の奇想の書
画:山水、墨竹、花卉などを草体で描く
《断崖飛帆図》 絖本 大阪市立美術館 草書のような渇筆
《雲山寂莫図》 橋本氏蔵 米法山水 潤った墨法
《雲根黛色図扇面》 上海博物館 奇石
《山水花卉冊》 絹・紙本墨淡 子の傅眉との合冊



参考書
黄仁宇/稲畑耕一郎訳『万暦十五年:一五八七「文明」の悲劇』 東方書店 1989年
世界美術大全集 東洋編8 明 宮崎法子、西岡康宏編 小学館 1999年
故宮博物院 第4巻 明の絵画 板倉聖哲構成執筆 NHK出版協会 1998年
Ho,W.-K. & Smith,J.,ed.,"The Century of Tung Ch'i-ch'ang 1555-1636",
University of Washington Press, 1992
鄭威 董其昌年譜 上海書画出版社 1989年
董其昌画集 上海書画出版社 1989年
福本雅一他訳 画禅室随筆 日貿出版社 1984年
古原宏伸編 董其昌の書画 研究・図版篇2冊 二玄社 1981年
鈴木敬「董其昌の画稿に就て」『国華』791-792
古原宏伸「董其昌 没後の声価」『国華』1157
James Cahill, The Distant Mountain, N.Y. Weatherhill 1982
James Cahill, Fantastics and Eccentrics in Chinese Painting, N.Y.: Arno Press, 1976
J.ケーヒル「中国絵画における奇想と幻想」『国華』978-980、1975年
James Cahill, ed. The Restless Landscape: Chinese Painting of the Late Ming Period, Berkeley: University of California Press, 1971
Wu,Nelson, “The Evolution of Tung Ch'i-ch'ang's Landscape Style as Revealed by his Works in the National Palece Museum”,
Proceedings of the International Symposium on Chinese Painting, National Palace Museum, Taipei, 1972
参考サイト
中国絵画千年巡礼 単国強解説 明代絵画 代表人物
展覧会
《丹青宝筏―董其昌書画芸術大展》
2018年12月7日〜2019年3月10日 上海博物館(終了)
国内はもとよりアメリカ、日本からも王羲之以降の歴代の関連した作品158件を集め董其昌が書画芸術史にとって要の存在であることを示す。王羲之「寒切帖」天津博物院、「行譲帖」プリンストン大学美術館など
国際シンポジウム、大型図録あり
東洋絵画の精華― 名品でたどる美の軌跡 ―至高の中国絵画コレクション
2012年5月23日(水)〜6月24日(日) 静嘉堂文庫美術館
明清時代の絵画と書跡展
2005年10月1日(土)〜11月27日(日) 静嘉堂文庫美術館(終了)
岩崎彌之助コレクションから未公開の書跡を加え二期に分け展示 →展示品リスト
 郭詡「汝陽逢麹車図」明時代(16世紀)
○謝時臣「四傑四景図」明時代・嘉靖30年(1551)
◎藍瑛「秋景山水図」明時代(17世紀) 谷文晁模写
 王鐸「草書詞書」清時代・順治6年(1649)
 趙左「雪景山水図」明時代(17世紀)
◎李士達「秋景山水図」明時代・万暦47年(1619)
◎張瑞図「秋景山水図」明時代(17世紀) 池大雅跋
◎王建章「川至日升図」明時代(17世紀)
 倪元璐「行書七言絶句」明時代(17世紀)
 傅山「草書五言古詩」明〜清時代(17世紀) など
《南宗北斗─董其昌誕生四百五十周年書畫特展》
2005年9月3日-11月20日 澳門藝術博物館(終了)
北京故宮博物院、上海博物館蔵の董其昌など120件の展示 →展示作品一覧参照
国際シンポジウム、大型図録、論文集あり
The Century of Tung Ch'i-ch'ang 1555-1636
1992年ネルソン美術館とメトロポリタン美術館での大規模な董其昌展(終了)
国際シンポジウム、大型図録あり







TOP△



 明時代4 明末の変 董其昌と奇想の画家たち  2002.12.3作成 

琴詩書画巣 | 古琴の調べ | 中国絵画 | 詩・書 | 中国文人の世界 | 北京信息 | パリ信息 | リンク