琴詩書画巣   古琴音楽   中国絵画   詩・書   中国文人の世界   北京信息   パリ信息   リンク  
   中国絵画News | 中国絵画の流れ | 日本美術史ノート | 中国絵画ことのは   胸中の丘壑  荊浩筆法記
  林泉高致   課徒画稿
  雨窓漫筆   画語録


 中国絵画史ノート 明時代2 呉派 蘇州の文人画

水の都、呉、蘇州
明初朱元章による張士誠打倒、蘇州弾圧(明末復社など反中央の動きへ潜在)
15C末より復興 絹・綿業の発展(宮崎一定「明清時代の蘇州と軽工業の発展」)
「天上天堂、地下蘇杭」ベニス同様、水陸両方で散策できるが、飲み水と生活必需品ではベニスに勝っている(M.マルティニ1614-61『中国新地図帳』)
明中期、平明で文雅な蘇州文人文化が育つ
 古文辞王世貞、詩書画の明四大家(沈周文徴明唐寅仇英)、祝允明、王寵ら
 拙政園(文徴明が設計に関わる)など園林文化 →雨の蘇州庭園参照

杜瓊 1396-1474
字用嘉,号東原耕者、鹿冠道人,また東原先生と呼ばれる
山水、人物、書法、詩文を善くする 沈周父沈恒の師、“呉派”の先駆
詩文:『東原齋集』
1454年《山水図》 北京故宮博物院 仿王蒙山水
1468年《南湖草堂図》 台北故宮博物院 仿黄公望山水
《友松図巻》 北京故宮博物院 精緻な書斎図
《南村別墅図冊》 登楊楼 竹生居
《仿王蒙山水図巻》 クリーブランド美術館

劉珏 りゅうかく 1409-1472(一説に1410-1472)
字廷美,号完庵,長洲(蘇州)人
1438年正統三年刑部主事、山西按蔡使僉事を歴任
山水を善くし、書法、詩文に優れる 沈周の師 詩文:『完庵集』
1458年《清白軒図》 台北故宮博物院 劉珏の別荘 沈周32歳
 沈周祖父沈澄(字孟渊1376-1463)、父沈恒(字恒吉1409-1477)の題
 1474年沈周跋文 沈家三代の記録
《山水図扇面》 金箋墨 ホノルル美術館 呉鎮様式

周臣 15C半-1535年頃
[生涯]
字舜卿,号東村,呉(蘇州)人 成化、嘉靖年間の職業画家
[作品]
人物、山水を善くする 李唐、馬遠、戴進、呉偉に学び厳整工細な様式
在野にあって“院派”の称 唐寅、仇英の師
1516年《人物図》冊24葉(現在巻子) ホノルル美術館,クリーブランド美術館
 道端や市場で見かける乞食を減筆体で描写
1526年《松陰囲棋図》 絹淡 台北故宮博物院 丈高い車輪葉の松
1533年《桃花源図》 絹淡 161.2×102.3cm 蘇州博物館
1534年《松下聴泉詩意図》 台北故宮博物院 仿戴進 南宋院体画風
《北溟図卷》 絹墨淡 28.3×135.9cm ネルソン美術館 高精細flash画像
 『荘子』逍遥遊篇第一を絵画化 李唐風 周臣の代表作
《山斎客至図》 絹淡 136.4×72.2cm 上海博物館 周臣代表作
《亭林消夏図》 絹淡 178.7×63.1cm 上海博物館 北宋南宋合参
《春山游騎図》 絹墨淡 185.1×64cm 北京故宮博物院 周臣代表作
《漁楽図巻》 紙墨淡 32×239cm 北京故宮博物院 文彭、王昶跋
《夏畦時澤図》 絹墨淡 26.4×31.3cm 北京故宮博物院 夏の驟雨の描写
《観瀑図》 絹墨淡 165×82cm 山東省博物館
《楓林停車図》 絹墨淡 114.5×60.5cm 濟南市博物館 雲形遠山
《柴門送別図》 紙淡 121×57cm 南京博物院 杜甫詩意 呉偉風荒々しい筆
《春泉小隱図卷》 紙墨淡 26.3×85.5cm 北京故宮博物院 文人草堂図
《長夏山村図》 紙淡 113.5×59.2cm 上海博物館 文人画風 唐寅題詩
《踏雪行吟図》 絹淡 133.3×72.6cm 上海博物館 雪景1文人
《晩夏図》 台北故宮博物院 草々とした院体風
《水亭清興図》 絹淡 181.2×110.5cm 台北故宮博物院
《毛詩豳風図卷》 紙淡 個人蔵 秋景の絵画化
《仿趙幹写烟靄秋渉図》 小川家蔵 左から風 没骨主山 精緻な白描山水
《白潭図卷》 絹墨淡 35.9×63.2cm ネルソン美術館
《山水人物図》扇面 金箋墨 20×54cm 北京故宮博物院
《篷舟就眠図》扇面 橋本氏蔵
《風雨山水図》扇面 橋本氏蔵

明四大家

沈周 しんしゅう 1427-1509
沈周像 [生涯]
字啓南,号石田,晩年の号白石翁,白石先生とも呼ばれる,長洲(蘇州)人
家は蘇州相城の名望家 曾祖父良琛(号蘭坡)は元の王蒙と交際
伯父沈貞(字貞吉1400-71《竹炉山房図》82-)、父沈恒とも詩文書画に有名
科挙に応じず在野で読書と書画に専心 呉寛1435-1505、李応禎1431-93と交友
1506年80歳《沈周肖像》 台北故宮博物院
沈周の内省:肖像題詩“人謂眼差小,又説頤大窄,我自不能知,亦不知其失。
           面目何足較,但恐有失徳,苟且八十年,今与死隔壁。

[作品]
詩文:蘇軾、陸游を学び、明四家の内最も内省的な詩文を遺す 『石田集』
 『石田先生集』(不分巻,『明代芸術家集彙刊』所収万暦刊本)
 『石田稿』(不分巻,『続修四庫全書』所収抄本)
 『石田詩選』十卷(『四庫全書』所収正徳刊本)
 『石田先生詩鈔』八卷(『四庫全書存目叢書』影印崇禎刊本・集部37)
書:黄庭堅に学び、小字に神彩
画:家学を継承、杜瓊、劉珏を師 詩書画一致
   当時から贋作が多い(王世貞『芸宛巵言』)
【山水画】
 董巨元四家のうち特に呉鎮を復古し、明るくカラフルな水墨淡彩の様式に融合
 平明で構成力のある粗筆水墨の様式 “粗沈”“細沈”の2画風
早年::“細沈” 小幅が多い
1461年35歳《為碧天上人作山水図》 紙本設色 127.5×28 スイス・リートベルク美術館
 倣王蒙の牛毛皴 1461、91年自題 項聖謨題
1464年38歳《幽居図》 大阪市立美術館 細やかな披麻皴と苔点
 牛車の人物、書生、小舟のモチーフ“心遠物皆静”(心は遠く物みな静か)の境
1466年40歳《采菱図》 京都国立博物館 淡彩 仿趙孟頫 披麻皴、繊細な筆致
○《九段錦画冊》 京都国立博物館
  オリジナル9図 董其昌跋(現失)→清高士奇→梁詩正→瑞方→日本林平造氏
  第一図仿趙千里 農村寫景、細筆勾畫、疏筆清簡
  第二図仿趙子昂 松下草亭に一人讀書、痩竹數竿 後補
  第三図仿恵崇  山岩房舍に細筆の高士、犬
  第四図仿王孟端 数本の枯木と沒骨淡彩藍色の樹叢の對比、杖獨行の高士
  第五図仿趙仲穆 古樹、昏鴉、陶淵明歸帆
  第六図仿趙大年〈採菱図〉18.0×31.4cm 1471年杜瓊題 藍岱赭の淡彩
《水墨山水図》 59.7×43.1cm 台北故宮博物院 墨の階調 自題:劉珏の爲
中年:40歳以後大作、用筆に骨力が増す
1467年41歳《廬山高図》 台北故宮博物院 中期山水画の代表作 王蒙に倣う
 醒庵(沈周の師、陳寛の号)の70歳を祝し、北宋の欧陽脩「廬山高」を題詩に書く
1470年頃《崇山修竹図》 台北故宮博物院 劉珏の弟以規の爲 詩塘1501年自題
1476年50歳《山水図》 台北故宮博物院 呉吉之の爲 巧みな墨調点苔
1479年53歳《贈呉寛行図巻》 11mの大作 後期画風を先取 東京角川家 コピー
1480年54歳《東山携妓図》 青緑山水の大作 職業画家の作?
《東荘図》冊 南京博物院 中年の作 東荘は呉寛の園林 文人の日常の文雅
1482年56歳《周惟徳山水図冊》22開 完成に5年 淡彩、雲気 ジョンシン・ルー
1484年58歳《仿倪雲林山水図》 ネルソン美術館
1484年58歳《三桧図巻》 南京博物院 虞山(常熟)至道観の七星桧中、最古の三桧
 大阪市美に自跋付の模本、文徴明にホノルル美術館など数点の《七星桧図巻》
《范祠三梓図》 インディアナポリス美術館 3樹の墨調の変化
《臥游図》 北京故宮博物院 中晩年の作
晩年:粗沈” 粗簡豪放
1486年60歳《十四夜月図》 ボストン美術館 8月14日賞月の夜の詩画 1 2
 少時不辨中秋月。視與常時無各別。老人偏與月相戀。戀月還應戀佳節。
 老人能得幾中秋。信是流光不可留。古今換人不換月。舊月新人風馬牛。
 壺中有酒且自樂,舒庵况是吾故人?酒政有律無譁賓,遞歌李白問月句。
 自詫白髪欺青春。
 青春白髪同不及,且卷酒波連月吸。舒庵與我六十八,更問中秋賖四十。

1487年61歳《仿黄公望富春山居図卷》 36.8×855cm 北京故宮博物院
 かつて自蔵した名卷の想像による自由な模写
自跋:大癡翁此段山水殆天造地設,平生不見多作,作輟凡三年始成,筆迹墨華當與巨然亂真,其自識亦甚惜。此卷嘗爲余所藏,因請題於人遂爲其子幹沒,其子後不能有,出以售人,餘貧又不能爲直以複之,徒系於思耳!即其思之不忘,乃以意貌之,物遠失真,臨紙惘然。成化丁未中秋日,長洲沈周識。
1487年《雨意図》 台北故宮 呉鑑の子、三婿呉史齢(徳徴)の爲 溌墨のさえ
 自題:雨中作畫借濕潤。燈下寫詩消夜長。明日開門春水闊。平湖歸去自鳴榔。丁未季冬三日與德徵夜坐。偶值興至。寫此以贈云。沈周。
《画冊》8開 ボストン美術館 仿宋元各家 厳しい筆墨 文嘉、王穉登跋
《両江名勝図冊》10開 絹淡 42.2×23.8cm 上海博物館 自題、文嘉、王穉登題
《蕉蔭琴思図》扇面 台北故宮博物院 消夏の主題 虚実のバランス
 芭蕉不生暑,坐生千古心。抱琴未須鼓,天地自知音。
《古松図》 台北故宮博物院 書とともに制作意欲の充実、全人格の投影
1491年65歳3月《京江送別図巻》 紙本設色 28×159 北京故宮博物院
 引首:王時敏隸書「名跡貽徽」、後跋:自題、文林「送吳敘州之任序」、祝允明「敘州府太守吳公詩序」 吳愈が雲南敘州に赴く時の送別図
1491年65歳《秋林読書図》 台北故宮博物院 仿倪瓚 尖った主山
1492年66歳《夜坐図》 84.8×21.8 台北故宮博物院 自我の率直な発露
 自題夜坐記。
寒夜寢甚甘。夜分而寤。神度爽然。弗然復寐。乃披衣起坐。一燈熒然相對。案上書數帙。漫取一編讀之。稍倦。置書束手危坐。久雨新霽。月色淡淡映窗戶。四聽闃然。蓋覺清耿之久。漸有所聞。
聞風聲撼竹木。號號鳴。使人起特立不回之志
聞犬聲狺狺而苦。使人起閑邪禦寇之志
聞小大鼓聲。小者薄而遠者淵淵不絕。起幽憂不平之思
官鼓甚近。由三撾以至四至五。漸急以趨曉。俄東北聲鐘。鐘得雨霽。音極清越。聞之又有待旦興作之思。不能已焉。
余性喜夜坐。每攤書燈下。反覆之。迨二更方已為當。
然人喧未息而又心在文字間。未常得外靜而內定
於今夕者。凡諸聲色。蓋以定靜得之。故足以澄人心神情而發其志意如此。且他時非無是聲色也。非不接於人耳目中也。
然形為物役而心趣隨之。聰隱於鏗訇(こうし、詞)、明隱於文華。是故物之益於人者寡而損人者多。
有若今之聲色不異於彼。而一觸耳目。犂然與我妙合
則其為鏗訇文華者。未使不為吾進脩之資。而物(脱字:不)足以役人也已。
聲絕色泯。而吾之志冲然特存。則所謂志者果內乎外乎。其有於物乎。得因物以發乎。是必有以辨矣。於乎。吾於是而辨焉。
夜坐之力宏矣哉。嗣當齋心,孤坐於更長明燭之下。因以求事物之理、心體之妙。
以為脩己應物之地。將必有所得也。 作夜坐記。
 弘治壬子秋七月既望。長洲沈周。

《山水図冊》5開 ネルソン美術館 晩年の代表作 現在文徴明1開と合巻
 第1開 柳外春耕 潤筆淡彩 みずみずしい農村風景
 第2開 杖藜遠眺 中景懸崖の主山に杖の高士
 第3開 戴鶴泛湖 左下に松 小舟 黄公望風遠山
 第4開 中景
 第5開 中景に小道 2漁舟、騎驢の人物
1494年68歳《仿大癡山水図》 上海博物館 大癡(黄公望)に倣う
1497年71歳《京口送別図巻》 上海博物館 友人呉寛が北に赴く時の送別図
1497年71歳《村居野寺図巻》 51×1006cm 日本個人旧蔵 西山道経湖の追想
最晩年75歳前後:最高峰(江兆申)
1505年79歳《落花詩意図卷》 自書《落花詩》30首 水墨に鮮烈な色彩
 台北故宮博物院本 絹著 30.7×138.6cm 自識、1508年文徴明跋
 王世杰本 自識、1507年文徴明跋
 南京博物院本
  1504年落花詩七律10首(文徴明、唐寅、徐禎卿等の和詩)を拡大
01富逞穠華滿樹春。香飄瓣落樹還貧。紅芳既蛻仙成道。綠葉初陰子養仁。
 偶補燕巢泥薦寵。別修蜂蜜水資神。年年為爾添惆悵。獨是娥眉未嫁人。
02飄飄蕩蕩復悠悠。樹底追尋到樹頭。趙武泥塗知辱雨。秦宮脂粉惜隨流。
 癡情戀酒粘紅袖。急意穿簾泊玉鈎。欲拾殘芳搗為藥。傷春難療箇中愁。
03玉勒銀罌已倦遊。東飛西落使人愁。急攙春去先辭樹。嬾被風扶強上樓。
 魚沫劬恩殘粉在。蛛絲牽愛小紅留。色香久在沉迷界。懺悔誰能倩比丘。
04是誰揉碎錦雲堆。著地難扶氣力頹。懊惱夜生聽雨枕。浮沈朝入送春杯。
 梢傍小剩鶯還掠。風背差遲鴃又催。瞥眼興亡供一笑。竟因何落竟何開。
05夕陽無那小橋西。春事闌珊意欲迷。錦里門前溪好浣。黃陵廟裡鳥還啼。
 焚追螺甲教香史。煎帶牛酥矚膳[女奚]。萬寶千鈿真可惜。歸來直欲滿筐擕。
06一園桃李只須臾。白白朱朱徹樹無。亭怪草玄加舊白。窗嫌點易亂新朱。
 無方漂泊關遊子。如此衰殘類老夫。來歲重開還自好。小篇聊復記榮枯。
07芳菲死日是生時。李妹桃娘盡欲兒。人散酒闌春亦去。紅消綠長物無私。
 青山可惜文章喪。黃土何堪錦繡施。空記少年簪舞處。飄零今日鬢如絲。
08供送春愁上客眉。亂紛紛地竚多時。儗招綠妾難成些。戲比紅兒煞要詩。
 臨水東風撩短髩。惹空晴日共遊絲。還隨蛺蝶追尋去。墻角公然隱半枝。
09昨日繁華煥眼新。今朝瞥眼又成塵。深關羊戶無來客。漫藉周亭有醉人。
 露涕煙洟傷故物。蝸涎蟻迹吊殘春。門墻蹊徑俱寥落。丞相知時卻不嗔。
10百五光陰瞬息中。夜來無樹不驚風。踏歌女子思楊白。進酒才人賦雨紅。
 金水送香波共渺。玉堦看影月俱空。當時深院還重鎖。今出墻頭西復東。

《滄洲趣図卷》 北京故宮博物院 晩年長卷 灰地に疏簡な筆墨 平遠に連山
1507年81歳《煙江畳嶂図卷》 遼寧省博物館 最晩年の作
【水墨花卉雑画】
 南宋牧谿雑画の墨戲、元の淡彩水墨画を吸収 朴厚淡逸な風格
 陳淳、徐渭の写意花卉雑画へ影響
早期:《辛夷図》《墨菜図》 北京故宮博物院
中期:1468年42歳《仿王渊花鳥図》 中期花鳥画の大作 職業画家の作?
晩年:1489年63歳《蔬筍写生図》 台北故宮博物院 渇筆を含む精妙な墨調
1494年68歳《写生冊》19開 台北故宮博物院 猫図 葡萄図
沈周の芸術観:“この画はただ偶然に戯れでできあがった。実景によるだけの画は空しく、この画の中に私を探そうとしても、私はここには存在しない。”(写生冊跋)
1504年78歳《双鳥在樹図》 台北故宮博物院 林良風
1509年83歳《菊花文禽図》 大阪市立美術館 最晩年の粗筆水墨画
《臥遊圖》冊17開各28.1×37.6 花卉雑画畜獸 最晩年の代表作 北京故宮博物院
 第8開 雛雞(ひよこ) 北京故宮博物院
 自題:茸茸毛色半含黃,何獨啾啾去母傍。白日千年萬年事,待渠催曉日應長。
 第9開 秋蟬
 自題:秋已及一月,殘聲遶細枝。因聲追爾質,鄭重未忘詩。
 第10開 水牛
 自題:春早平坡雨迹深,徐行斜日入桃林,童見放手無拘束,調牧于今已得心。
 第12開 蔬菜
 自題:南畦多雨露,綠甲已抽新。切玉爛蒸去,自然便老人。
 第14開 批把
 自題:彈質園充飣,蜜津涼沁唇。黃金作服食,天亦壽吳人
文微明の沈周評:
細泉淚淚落澗平,蒼煙不動沙州橫。湖亭欲上山滿目,新水浮空春雨晴。
江南此景誰貌得,石田先生最神逸。輕風淡日總詩情,疏樹平臯俱畫筆。
由來畫品屬詩人,何況王維發興新。胸中爛漫富丘壑,信手塗抹皆天真。
墨痕慘淡發古意,筆力簡遠無纖塵。古人論畫貴氣骨,先生老筆開嶙峋。
近來俗手工摹擬,一圖朝出暮百紙。先生不辨亦不嗅,自謂適情聊複爾。
豈知中有三昧在,可以意傳非色取。庸工惡劄競投集,鳳凰一出山雞靡。
高堂拂曉見滄洲,恍然置我重岩裏。定應奪卻造化工,不然剪取吳淞水。
神完意到輕千年,題作古人誰不然。
(《題石田先生畫》)

祝允明 1460-1526
[生涯]
長洲(蘇州)人。字希哲、晞喆。生まれた時に右手の指が一本多かったことを自号とした:支指生、枝指生、枝指山人、枝山、枝山居士、枝山樵人等。世に“祝京兆”と呼ばれた

   徐有貞 祝顥(しゅくこう)1405-1483
    │  │
李応禎 女┬祝瓛
 │   │
 女──祝允明

1492年弘治五年33歳挙人となるが以後科挙試験に落第し続ける
友に唐寅、文徴明(後に徐禎卿と共に“吳中四才子”と讃えられる)
1514年正德九年55歳広東興寧県知県となり嶺南に五年
1519年正德十四年60歳病のため帰郷
1522年嘉靖元年63歳応天(南京)府通判となるが1年後病のため帰郷
1523年晚年独居し書と詩文の創作,魏晋の風流と禅宗にふける
[作品]
詩文:
『枝山文集』4巻付「野記」(清同治十三年(1874)元和祝氏刻本版)
『懐星堂集』30巻(別名『祝氏集略』祝允明の全集 明版、宣統石印本など)
書:漢晋唐宋元の諸家を吸収。放縦な草書、古雅な小楷。明朝第一(莫是龍)
【楷書】
早年27歳小楷《臨黃庭經》 澄懐堂美術館 謹嚴渾樸
  31歳小楷《離騒経巻》 澄懐堂美術館
中年36歳楷書《千字文》冊 台北故宮博物院 顔真卿風
  楷書《飯苓賦》軸 143×58 北京故宮博物院 米芾風
晚年1514年55歳小楷《出師表》 東京国立博物館 鍾繇風を昇華、小楷代表作
  66歳楷書《和陶飲酒詩》冊 台北故宮博物院 鍾繇風
   行書の筆意により楷書と章草を融合、明初の章草の堅さを克服
【行書】
1506年47歳《劉君文威聴泉記》巻 31×152.2 北京故宮博物院 黄庭堅風
1523年64歳《七律寿砺庵》 145×61 北京故宮博物院 米芾風
【草書】張旭、懐素、二王を総合、とりわけ黄庭堅の影響
草書《賈至大明宮早朝詩》軸 上海博物館
草書《箜篌引(曹植詩手卷)》 台北故宮博物院、上海博物館
草書《前後赤壁賦》 上海博物館 晩年草書の代表作
1521年 草書《満江紅詞》軸 103.7×32.5 北京故宮博物院 米芾風
1525年 草書七言律詩《閒居秋日》巻 30.8×396.5 台北故宮博物院
1526年嘉靖五年67歳10月章草《書述》搨本《停雲館法帖》巻二 最晩年書法観
【多体書】
1510年正德五年51歳上元《楷行草三体雑詩巻》 28.5×738 北京故宮博物院
 楷→小草(章草遺意)→行→大字行草
1522年嘉靖元年3月63歳《六体詩賦巻》 紙本 31.1×642 北京故宮博物院
 鍾繇、張旭、章草、蘇軾、黄庭堅、趙孟頫風六体 各家の真髄を擬書
 莫是龍、王世貞6家長跋ほか跋多数
1523年嘉靖二年64歳《懐知識詩巻》 29.8×545.5 蔵経紙 上海博物館
 19首自作詩:前11名行草→後7名小字章草
1525年66歳《古詩十九首等巻》搨本《停雲館法帖》国朝11 北京故宮博物院
 行草「古詩十九首」→章草「榜枻歌」→楷書「秋風辞」→行草款 文嘉に
《古体六家巻》搨本 顧廉に贈る
  参照→豪端万象 祝允明書法特典 台北故宮博物院 25件を展示

文徴明 1470-1559
[生涯]
初名壁(二十八星宿の一)字徴明、42歳以降徵明を名とし字を徴仲に改める
号停雲生、衡山居士 祖籍は湖南省衡山、文恵より蘇州に移る→文氏系図
1470年蘇州府長洲県(現在の蘇州市内)徳慶橋西北曹家巷に生まれる
1488年試験で書法の成績が悪かったので意識して書法を学び始める
1489年20歳沈周につき画を学び始める
1491年22歳父の友人である李応禎から書法を学ぶ
1499年30歳温州知府であった父文林が亡くなる
科挙試験に10回も落第した後
1523年54歳北京へ翰林待詔に 4年で辞し蘇州に帰る
玉磐山房を築き、呉派の領袖として30余年の書画創作 90歳の長命、大器晩成
[作品]
詩文:呉寛に学ぶ 祝允明、唐寅、徐禎卿と共に“呉中四才子”
 『莆田集』(伝自写刻本4巻上海図書館蔵など)、『文徴明集』詩2689首
書:行楷書は蘇軾、黄庭堅、米芾と《聖教序》に習う(王世貞)
 行草の大字は黄庭堅、小字は李応禎に学ぶ
 晩年の小楷は極精 《醉翁亭記》《南朝呂朝墓誌》など
行書《立春進賀詩》巨軸 348.4×105.1 上海博物館 翰林待詔時55-57歳作か
 釈文玉殿千官拜冕旒,紫衣京兆在前頭。四時盛德初臨木,先日嚴寒已送牛。氣轉蒼龍當法駕,風回明庶動宸遊。聖王和令思行慶,次第頒恩下九州。徵明。
行書《太液池詩》巨軸 344×96.4 プリンストン大学美術館 翰林待詔時作か
 釈文泱漭滄池混太清,芙蓉十里錦雲平。曾聞樂府歌黃鵠,還見秋風動石鯨。玉蝀連蜷垂碧落,銀山縹緲自寰瀛。從知鳳輦經遊地,鳧雁回翔總不驚。徵明。
行草書《西苑詩四首巻》 朶雲軒 蘇軾、黄庭堅、米芾、自家書風の雑体書
1529年嘉靖八年60歳《草書詩巻》 20.9cm×11m 草書の佳作
1536年67歳6月7日《西苑詩四首巻》 北京故宮博物院 父の忌日、行草書大字の傑作
1554年85歳《陶淵明飲酒二十首巻》 京都国立博物館 上野精一旧蔵
画:詩書画一致の文人画の多様さを温雅な蘇州文化を背景に呉派のスタイルとして大成
【山水画】
 江南のアンチームな山水 沈周、趙孟頫、王蒙、呉鎮の筆意を吸収
 園林書斎図 蘇州を中心とした文人の庭園や書斎の典雅で親密な情景
 晩年の長条幅に積重なる山水
早年:細やかな淡墨淡彩の青緑山水が主、文雅な含蓄 仿趙孟頫山水には粗筆
1502年33歳《山水図巻》 絹墨 橋本氏蔵 王蒙風 1533年自題 現存作中最早
1504年35歳《落花酬唱図》《細楷落花詩》巻 虚白斎 沈周落花詩への讃
1507年38歳《雨余春樹図》 台北故宮博物院 繊細な淡墨淡彩青緑山水の成立
 題:雨余春樹緑陰成,最愛西山向晩明,応有人家在山足,隔溪遥見白烟生。
1510年41歳頃《松下聴泉図》 台北故宮博物院 方方壺風
1514年45歳頃《風雨孤舟図》 クリーブランド美術館 沈周画冊に合璧
 題詩:春潮帯雨晩来急,野渡無人舟自横。
1518年49歳頃《聴泉図》 王守、王寵1494-1533題
 題:空山日落雨初收,烟樹沈沈水乱流,独有幽人心不竟,坐聴寒玉意遅留。
1518年49歳《惠山茶会図卷》 北京故宮博物院 趙孟頫の青緑 1 2
 蔡羽、王守、王寵などとのの茶会の様、および唱和詩 細秀文雅
《滸溪草堂図卷》 遼寧省博物館 秀潤
《猗蘭室図》 北京故宮博物院 趙孟頫の青緑山水 文雅
1519年50歳《絶壑高間図》 149×178cm 台北故宮博物院 粗筆 気力の充実
1524年55歳《燕山春色図》 台北故宮博物院 北京にて 江南春と似る
晩年試行期:1526年北京から帰郷以降 晩年になるほど蒼秀巧緻に
 沈周、呉鎮に倣う水墨の“粗文”、趙孟頫、王蒙による青緑の“細文”の2体
1530年61歳《東園図卷》 北京故宮博物院 南京鐘山の東園での雅集
1531年62歳《品茶図》 台北故宮博物院 陸師道の爲 書斎図の典型
1531年62歳《松壑飛泉図》 台北故宮博物院 王寵の爲5年をかけ完成 遠景なし
1531年62歳《停雲館言別図》 南雍に赴く王寵38歳との送別図
 題:春来日日雨兼風,雨過春帰緑更濃,白首已無朝市夢,蒼苔時有故人踪。
   意中楽事樽前鳥,天際修眉郭外峰,可是別離能作態,尚堪老眼送飛鴻。

1532年63歳《石湖清勝図巻》1557年自題 上海博物館 張鳳翼の為 明るい光
1532年63歳《関山積雪図巻》 台北故宮博物院 1 2
 王寵と呉県上方山治平寺に交遊した記念、5年をかけ完成
 同構図:1539年《雪山図巻》台北故宮、太原王維款《雪山図巻》会津個人蔵
1534年65歳《寒林鍾馗図》 台北故宮博物院 「戯作」優れた白描
1535年66歳《仿王蒙山水図》 台北故宮博物院 細筆に手を抜かない長条幅
《松声一榻図》 台北故宮博物院 仿王蒙の繊細な傑作 見事な松
1539年70歳《山水図》扇面 台北故宮博物院 繊細な線と没骨 墨の色彩への還元
1540年代《仿李成寒林図》 宋画特に李成の世界の吸収
晩年古典期:
1547年嘉靖二十六78歳《江南春図》 台北故宮博物院 細筆設色、夢幻の色彩
1548年79歳《仿趙伯驌後赤壁図巻》 台北故宮博物院 唐寅、浙派の技法
 江流有声,断岸千尺 適有孤鶴,横江東来,翅如車輪,玄裳縞衣
1549年80歳《古木寒泉図》 台北故宮博物院 晩年粗筆の代表作
1549年80歳《真賞斎図巻》 上海博物館 華夏の爲に 北京歴博に88歳の別本
1550年81歳《万壑争流図》 南京博物院 晩年の細筆長条幅青緑山水の代表作
1550年《千巖競秀図》 墨淡 132.6×34cm 台北故宮博物院
 1548年冬より2年をかけ完成 晩年の細筆長条幅山水の代表作
 上半山岳の実(抽象)と下部前景滝湖樹人物の虚(具体体験)の空間構成
1550年代《仿董巨山水図》 董源・巨然の世界の吸収
1550年81歳《古柏図巻》 ネルソン美術館
虞山七星桧図》 古柏のシリーズ 老年の神奇な生命力の象徴 1 2 3 4
《溪橋策杖図》 北京故宮博物院 晩年粗筆の代表作
1557年88歳《真賞斎図巻》《小楷真賞斎銘》 中国歴史博物館 上博本と別本
1558年89歳《前赤壁舟游図》 紀年のある最晩年の作
【花鳥画】
 元人、沈周を師とし秀逸
1533年64歳《花卉冊》8開 32.5x53.7cm 台北故宮博物院 花鳥画の代表作
 第1開 梅花山茶 墨画 自題:寒香仙伴 色彩の水墨への転化 粗放な技巧
 第2開 杏花 燕 墨画 自題:春林燕喜
 第3開 石竹玉蘭 墨画 自題:瓊葩結翠
 第4開 萱花竹石 着色 自題:金英作寿 色彩のアラベスク 最優の一作
 第5蓮花 墨画 自題:芳塘淨植
 第6開 梔枝・墨画 茉莉・着色 自題:南國聯芬
 第7開 奇石芭蕉 墨画淡彩 自題:綠天歧秀
 第8開 水仙竹石 墨画 自題:洛浦凌波 白描の水仙を水辺に配置
 第9開 自記
蘭竹卷》 《三友図卷》 北京故宮博物院、遼寧省博物館 趙孟頫の洒脱
【人物画】李公麟を師 線描は工細流暢
1517年48歳《湘君湘夫人図》 北京故宮博物院 遊糸描による早期細筆人物画
【印章】 約132種
早年:「文壁印」「文壁之印」「哥斯樓」「停雲生」、60歳以降「停雲館」「悟言室」等
中年:「徴明」「文徴明印」25種「文壁徴明」「徴仲」「衡山」「徴明」連珠印等
晩年:「徴仲父」「玉蘭堂」「衡山居士」「玉磬山房」「惟庚寅吾以降」(1470年生)等

文徽明の門下:
子文彭、文嘉、姪文伯仁,弟子銭穀、陸師道、陸治、陳淳、居節、朱朗など

唐寅 1470-1523
[生涯]
字子畏、一字伯虎,号桃花庵主、六如居土、魯国唐生,晩年自号逃禅仙吏
呉(蘇州)人 家系は前凉晋昌公から、父より五代以上前から呉郡呉趨里に住む
1470年成化六年庚寅二月四日生 父広徳、母丘氏
商家(料亭)に生れ、少年時から才名 才気横溢、奔放不羈な性格
1485年16歲蘇州府学の生員となる この頃祝允明、張霊、文徴明を知る
1488年19歲徐廷瑞の次女と結婚
1494年25歳頃両親と第1の妻の死、妹も嫁ついでまもなく卒 早くから肺を患う
1498年29歳南京郷試に主席合格(解元) 杜菫ら南京画家を知る
 冬、会試のため北京に向かう。江陰の富豪の子、挙人徐経と同船、北京で貴顕への贈答訪問を共にする
1499年30歳2月北京会試(科挙最終試験)、試験官は李東陽と程敏政
 華昶の弾劾により徐経と程敏政の不正事件に巻き込まれ入獄
 礼部と刑部錦衣衛による厳しい取り調べ、徐経は拷問にかけられる
 6月事件は結審、程敏政は致仕され卒、徐経、唐寅は浙江の小官吏を与えられる
 事件の真相は諸説あり不明:1.唐寅への嫉妬(同郷の先輩都穆の告発)、2.官僚内部の政治闘争(程敏政と傅瀚)の犠牲、3.徐経への報復に巻き込まれる、など
 失意の唐寅は山川を巡りつつ蘇州に帰郷
 以降、仕官の道を閉ざされ第2の妻と離婚、詩文書画で生計を立てる
 六如居土の号、「江南第一風流才子」「南京解元」印
1507年正德二年38歲この頃までに桃花塢に移り書画制作にあたる
 書斎は夢墨亭 →唐寅史料参照
1512年正徳七年43歲5月15日日本人彦九郎送別のため即席で七律詩を書
1514年寧王朱宸濠の蘇州文人の招待により廬山を巡り南昌へ、ほどなく寧王の乱は王陽明らにより平定される
晩年は禅宗に帰依「逃禅仙吏」印
1523年嘉靖二年癸未十二月二日54歳で卒、墓は蘇州横塘王家村 第3の妻と子
 祝允明撰、王寵書《唐伯虎墓誌銘》 唐寅研究第一史料
[作品]
詩文:文徴明、祝允明1460-1526、徐禎卿1479-1511と共に呉中四才子
1801年嘉慶六年唐仲冕刻『六如居士全集』『六如居士外集』共16卷 詩490余首
 1976年江兆申補遺詩111首(「六如居士之游蹤與詩文」)
 1982年鄭因百『唐伯虎詩輯逸箋注』補逸詩302首
2002年周道振、張月尊校『唐伯虎全集』 現在もっとも完備した全集
 現存詩は900余首 中に民間歌謡のような平明な作
花下酌酒歌
九十春光一擲梭,花前酌酒唱高歌;枝上花開能幾日?世上人生能幾何?
昨朝花勝今朝好,今朝花落成秋草;花前人是去年身,去年人比今年老。
今日花開又一枝,明日來看知是誰?明年今日花開否?今日明年誰得知?
天時不測多風雨,人事難量多齟齬;天時人事兩不齊,莫把春光付流水?
好花難種不長開,少年易老不重來;人生不向花前醉,花笑人生也是呆。
一年歌
一年三百六十日,春夏秋冬各九十;冬寒夏熱最難當,寒則如刀熱如炙。
春三秋九號溫和,天氣溫和風雨多;一年細算良辰少,況又難逢美景何?
美景良辰倘遭遇,又有賞心並樂事;不燒高燭對芳尊,也是虛生在人世。
古人有言亦達哉,勸人秉燭夜游來;春宵一刻千金價,我道千金買不回。

書:趙孟頫に学び、情趣ある優媚典雅な書風、一抹の苦さ
第一時期会試30歳以前 文徴明の細筆、趙孟頫の端麗
《黄茅渚小景図巻》題詩 上海博物館
《高人深隱図》題詩
第二時期会試以降30-36歲 唐人とりわけ顔真卿の楷書に倣い,結体長方,点画横細縦粗,隸味があり“蠶頭燕尾”
1505年弘治乙丑36歲《落花詩冊》
第三時期是37-45歲壯年 桃花庵に住み創作の頂峰 趙孟頫李邕融合体
趙孟頫を基に唐李邕の斜長の結体、秀潤中遒勁,端美中靈動
1506年正德元年37歲《七言律詩軸》 台北故宮博物院
《行書三絶巻》 丁念先蔵
1512年正徳七年43歲行書《贈彦九郎詩》 京都国立博物館
彥九郎還日本,作詩餞之,座間走筆甚不工也:
萍蹤兩度到中華,歸國憑將涉曆誇。劍珮丁年朝帝扆,星辰午夜拂仙槎。
骊歌送別三年客,鯨海遄征萬里家。此行倘有重來便,煩折琅玕一朵花。
 正德七年壬申仲夏望日姑蘇唐寅書。

(萍踪両度中華に到り、国に帰って憑って涉曆をもって誇らんとす。剣珮丁年帝扆に朝し、星辰午夜仙槎を払ふ。
 驪歌送別す三年の客、鯨海邁やかに征く万里の家。此の行徜し重来の便あらば、琅玕一朶の花を折るを煩はさん。)
第四時期46-54歲晚年 消沈頹放,率意迅捷,米芾の意、変化に富む「逃禅仙吏」印
1516年47歲《山路松声図》題詩 台北故宮博物院
《西洲話旧図》題詩 台北故宮博物院
 題:醉舞狂歌五十年,花中行樂月中眠。漫勞海內傳名字,誰信腰間沒酒錢。書本自慙稱學者,眾人疑道是神仙。些須做得工夫處,不損胸前一片天。
《看泉聴風図》題詩 南京博物院
行書《落花詩》 沈周1504年《落花詩》への和詩30首、補遺17種の書
 蘇州博物館本 冊34開 30首(原詩13首、補遺17首)
 プリンストン美術館本 巻 21首(原詩13首、補遺8首) 草稿
 (式古堂本《落花図詠》 10首(原詩10首) 詩書画一体、文献のみ)
 遼寧省博物館本 巻 10首(補遺10首)
 1522年中国美術館本 巻 17首(補遺7首、漫興詩10首) 最晩年の凄絶
1523年嘉靖二年54歲行書《贈舜承詩巻》 上海博物館 最晩年の傑作
画: 詩書画一致
周臣を通じた李唐・劉松年・馬遠など南宋画院の様式に元四家の筆墨を融合
人物画は杜菫に近く,花鳥画は沈周の影響 都会的な瀟洒な画風
周臣が代作する場合もあった(何良俊『四友斎叢説』)
【山水画】
第一時期会試以前 沈周、文徴明の影響、呉派文人画風
1486年《貞寿堂図巻》 紙墨 28.2×102 北京故宮博物院
1499年頃《燈宵閨話図》 紙墨 台北故宮博物院 早年の作
第二時期会試以後 周臣の影響、院体画風
1500年頃《騎驢帰思図》 絹淡 77.7×37.5cm 上海博物館 筆力と緻密
 題:乞求無淂束書歸,依舊騎驢向翠微;滿面風霜塵土氣,山妻相對有牛衣。
 呉郡唐寅詩意圖。
 「為德輔契兄作詩意圖」 朱曜次韻
《銭塘景物図》 絹淡 71.4×37.2cm 北京故宮博物院 細密
 題:錢塘景物似囲屏,路寄山崖屋寄汀。楊柳坡平人馬歇,鸕鶿船過水風腥。
1504年頃《江南農事図》 紙淡 台北故宮博物院 早年の作 繊細な筆
1505年36歳《南遊図》 フリアー美術館 金陵に赴く琴師楊季静のために
 題:江上春風吹嫩楡,扶琴送子曳長裾,相逢若有知音者,随地芟茅好結廬。
《函関雪霽図》 絹淡 台北故宮博物院 遠景なし
1506年《沛台実景図冊》頁 絹墨 26.2×23.9 北京故宮博物院
第三時期成熟期 唐寅の自己画風
1507年頃《金閶別意図巻》 絹淡 台北故宮博物院 軽やかな浙派風粗筆
《秋声図巻》 絹墨 泉屋博古館 陸師道小楷書秋声賦
1513年頃《峽口大江詩意図巻》 絹淡 翁万戈 
1515年頃《層巖策杖図》 絹墨 泉屋博古館 弱い
46歳頃《落霞孤鶩図》 絹淡 上海博物館  
 題:画棟朱簾烟水中,落霞孤鶩渺無踪,千年想見王南海,曾借龍王一陣風。
1516年47歳《山路松声図》 絹淡 台北故宮博物院
戸部主事となり北京に転任する李経のため河南の名山、女几山を李唐様式で描く
 題:女几山前野路横、松声偏解合泉声、試従静裏閑傾耳、便覚沖然道気生。
 他の女几山を描いた山水《抱琴携去図》《春游女几山図》
《溪山漁隠図巻》 絹淡 台北故宮博物院 李唐様をかりた典雅な古典的傑作
 王寵1523年跋:六如此卷,蒼潤蒙密,淋漓暢快。時一展翫,則心與理契,清與趣會。令日從事於車塵馬足間者,不無慚負于斯圖耶。嘉靖癸未春石湖精舍書。王寵。
《春山伴侶図》 上海博物館 文人の生活
《事茗図卷》 北京故宮博物院 院体+元人水墨技法 成熟期の風格
1520年頃《採蓮図巻》 絹墨 台北故宮博物院 呉派風の墨調の変化
《寒木竹石図》双幅 絹墨 ボストン美術館 もと障屏画?
【人物画】
《王蜀宮妓図》 絹著 北京故宮博物院 早年人物画 濃艷な色調
《陶穀贈詞図卷》 絹著 台北故宮博物院 杜菫風(その一派の作?)
《秋風扇図》 上海博物館 中年期写意人物画 杜菫画に似てさらに洒脱
 題:秋來紈扇合收藏,何事佳人重感傷。請把世人詳細看,大都誰不逐炎涼。
《桐陰清夢図》 紙墨 62×30.9cm 北京故宮博物院
 題:十裡桐陰覆紫苔,先生閑試醉眠來;此生已謝功名念,清夢應無到古槐。
《桐陰清夢図》冊 台北故宮博物院
○《夢筠図巻》 紙墨 東京国立博物館
《夢筠図》扇面 紙墨 台北故宮博物院
《風木図卷》 故宮博物院 晩年の水墨淡彩の写意 士子哭泣
《仿梁楷高士図卷》 紙墨 台北故宮博物院 颯爽とした速筆の草体
【花鳥画】
《墨梅》 北京故宮博物院
《墨竹図》扇面 台北故宮博物院 風雨竹
《枯槎鴝図》 紙墨 上海博物館 沈周の墨戯、より奔放
 題:山空寂静人声絶,栖鳥数声春雨余。
江兆申評:唐寅繪畫的成就,在有明一代來說,無疑是一位很特出的作家。但才分有餘,學養不至;其作品能使人警奇嘆羨,而不能使人涵思韻味;味中之味,弦裏之音,故《丹青志》列為妙品,去沈周先生終有間焉。一生遭際,可愕可驚。他的痛苦與窮困,都非常人所能忍受,終使一身蠟淚,化作光輝,如彗星經天,光芒閃爍,使牛鬥為之失色,但可久可大,卻未能責備於賢者,不禁擱筆為之三歎。(『關於唐寅的研究』「剩言」)

仇英 1505頃-1552頃
[生涯]
字実父、号十洲 江蘇太倉人、蘇州に住む
工匠の出、周臣に学び画で当時の名家に出入り、文徴明、唐寅と親しくする
大コレクター項元汴、周六家で大量の古代名画を臨模し技芸が進む
[作品]
人物、山水、花鳥、界画に工み 趙伯駒、南宋院画に倣い工筆重彩が主
青緑山水、人物故事画は精緻かつ文人画の風韵
仕女画は形象秀美、線条流暢 尤求、禹之鼎など清代宮廷仕女画に大きな影響
娘の杜陵内史も、父の風を伝え人物山水をよくする
【山水画】 淡彩の小青緑山水から濃彩の大青緑山水まで
《秋江待渡図》 台北故宮博物院 項元汴款 幻想的な午後の光と影
《湖上楼居図》 紙著 台北故宮博物院 文派の青緑山水画風
《蓮溪漁隱図》 北京故宮博物院 小青緑山水 界画工細 淡雅
《桃村草堂図》 北京故宮博物院
《東林図》 3点の異本、台北故宮博物院に2点 園林図 
《玉洞仙源図》 北京故宮博物院 大青緑山水 趙伯駒の画法 繁密な構図
《桃源仙境図》 天津博物館 上記北京本の姉妹作
《仙山楼閣図》 台北故宮博物院 1550年陸師道小楷《仙山賦》
  精緻を極めた涯ての香気ある青緑山水 台北故宮に姉妹作
【着彩人物故事画】
桃李園図》《金谷園図》 京都知恩院 双幅の大作 前者は李白の詩に取材
 《桃李園図》 ボストン美術館 知恩院本とほぼ同寸同構図
《人物故事図冊》10開 41.4×33.8cm 北京故宮博物院 工筆重彩人物画の代表
《臨南宋蕭照中興瑞応図卷》 北京故宮博物院
《琵琶行図巻》 ネルソン美術館 古拙な大青緑山水 玉のような巧緻さ
【水墨人物画】
《桐陰清話図》 紙墨淡 279.5×100cm 台北故宮博物院 大作春景人物画
《蕉陰結夏図》 紙墨淡 台北故宮博物院 夏景 春と共に四季山水の一部?
《右軍書扇図》 紙墨淡 280.5×98.1cm 上海博物館 L字岩 疎竹に水流 文雅の気
《柳下眠琴図》 上海博物館 水墨写意人物画
《柳塘漁艇図》 紙墨 台北故宮博物院 白描山水人物 馬夏風
【花鳥画】
《双鈎蘭花》散頁 北京故宮博物院
《沙汀鴛鴦図》 上海博物館
仇英の偽物を造る“蘇州片”の流行 日本にもたくさんの伝承作

文派の画家たち

文嘉 1499-1582 一説に1501-1583
[生涯]
字休承、号文水、長洲(蘇州)人 文徴明の次子、家学を継承 官は和州学正
[作品]
詩文書画に秀で、山水画は清秀、花卉画も善くする 詩文:『鈐山堂画記』
書:1579年行書《七絶詩》 北京故宮博物院 晩年の書
画:
1528年《山水画冊》 翁万戈蔵 文徴明との合璧 宋元諸家の様式の模索
1563年《琵琶行図》 北野家
1565年以前《送別図》 サンフランシスコ・アジア美術館
1569年《琵琶行図》 大阪市立美術館 淡彩の蕭散体山水にしなやかな行草書
1575年《江南春図》 研輝堂
1575年《山水画冊》6開 プリンストン大学美術館 晩年得意の作
1576年78歳《杜甫詩意図》 台北故宮博物院《元明人画山水集景冊》 古典主義
《仿董源溪山行旅図》 北京故宮博物院
《停琴聴阮図》 南京博物院

文伯仁 1502-1575
[生涯]
字徳承、号五峰山人、葆生、攝山老農 長洲(蘇州)人 文徴明の姪
怒り易い性格、幼い時文徴明と争い獄につながれ、長じてからもパトロンと喧嘩をし太湖に沈められそうになったという(周暉『金陵瑣事明』画談)
[作品]
文一族中最も山水に工み 趙孟頫、王蒙の筆意を学び、多く重山疊嶂を造る
1531年《溪山仙館図》 メトロポリタン美術館 淡彩による神仙山水の表現
1539年《方壺図》 台北故宮博物院 淡彩青緑山水「大設色」
1547年《溪山秋霽図》 台北故宮博物院 墨色の階調 生気充実した作
1550年《円嶠書屋図》 台北故宮博物院 神仙山水
◎1551年《四万山水図》4幅 東京国立博物館 四季の白描山水
 春:万竿烟雨,夏:万壑松風,秋:万頃晴波,冬:万山飛雪
 董其昌評:董北苑 倪雲林 趙松雪 王維
1566年《秋山游覧図》 紙本淡彩 27.9×280.3 上海博物館 莫是龍、葉崐跋
1575年《驪山弔古図》 上海博物館本74歳、ボストン本72歳 「董巨の墨法」
《潯陽送客図》 クリーブランド美術館 淡彩青緑山水
《摂山白鹿泉庵図巻》 台北故宮博物院 淡彩青緑山水 南京に取材
《花溪漁隱図》 上海博物館
《太湖図》 北京故宮博物院
《万壑松風図》 遼寧省博物館

陸治 1496-1576
[生涯]
字叔平、号包山子、呉(蘇州)人 邸宅は蘇州園林の一、支硎山居
文徴明の秀峭を受継ぐ(銭杜『松壺画憶』)
[作品]
詩文に『陸包山遺稿』
山水画は筆墨勁峭、結晶状の岩を作る 花鳥画は工筆、写意いずれも清秀の趣
1523年《彭澤高蹤図》 台北故宮博物院『名賢妙蹟冊』のうち 1572年自題
1524年《雪窓見易図》 台北故宮博物院 淡墨淡彩の使用
1528年《虎丘詩意図巻》 日本個人蔵 透明な淡彩 1522年祝允明書《虎丘詩》
1535年《書画合璧図》 台北故宮博物院 文徴明書画巻に補画
1545年頃《溪山秋霽図》 シカゴ美術館 105.8×31.1
1549年《玉田図巻》 ネルソン美術館 自題 他に2本の玉田図
1554年《琵琶行図》 フリーア美術館 文彭隷書、張錫庚跋「簡遠澹真」
1558年《石湖図巻》 ボストン美術館 陸師道の爲 遊覧の平明な雰囲気
1564年《雪後訪梅図》 台北故宮博物院『名画琳琅冊』のうち 抽象的
1565年《山水図扇面》 金箋 ホノルル美術館
1568年《花溪漁陰図》 台北故宮博物院 項元汴蔵王蒙山水画の仿作
《仙山玉洞図》 絹淡 150×80cm 台北故宮博物院 太湖にある道教聖地張公洞
《支硎山図》 台北故宮博物院 中期の真密な情緒ある真景図
《山水図》 蘇州博物館
《丹風秋色図巻》 台北故宮博物院 没骨も
《山水図》 プリンストン大学美術館 淡墨淡彩 主山峰頭の奇
《三峰春色図》 北京故宮博物院
《仿王履華山図》 上海博物館
○《荷花図》 静嘉堂美術館
《宋元花卉草虫卷》 遼寧省博物館

銭穀 1508-?
[生涯]
字叔宝、号懸磐子、磐馨室、呉(蘇州)人
幼年時は貧しく、遅く読書を始め、文徴明に学ぶ
[作品]
詩文に『呉都文粹』など
江南の温和な庭園山水図、蘭竹に特色
1566年《白岳遊図冊》18開 台北故宮博物院 1569年許初題
  5富春山,6七里龍,17斎雲山等 旅行道中の名所を描いた紀遊図
1570年《惠山煮泉図》 台北故宮博物院 園林山水 墨色の変化 銭穀画の白眉
1572年《虎丘図》 天津博物館 真景図 銭穀高揚期の作
1573年《山居待客図》 上海博物館 凡庸
《虎丘前山図》 北京故宮博物院
《求志図卷》
《蒼山茅屋図》 上海博物館 応酬の作

居節 1527-86
[生涯]
字士貞、呉(蘇州)人 窮乏の内に卒 『徐文長集』
文嘉、文徴明に学び、詩書画に優れる
[作品]
詩文に『牧豕集』(現存せず)
1534年《品茶図》 台北故宮博物院 文嘉から文徴明に習う早期作
1559年《観瀑図》 メトロポリタン美術館 文徴明に習う青年期長条幅
1575年《赤壁遊図》 台北故宮博物院 晩年円熟期 浙派風墨調
1578年《初夏山斎図》 東京国立博物館 文派風

王穀祥 1501-1568
[生涯]
字禄之、号酉室、長洲(蘇州)人
官は吏部員外郎、官に失望して郷里に帰る 文徴明の門下
[作品]
書画篆刻を善くし、画は花鳥に長じる
中年以降は画を描かなかったため作品が少く贋品が多い
《桂石図》 北京故宮博物院
《書画合冊》 遼寧省博物館



参考書
世界美術大全集 東洋編8 元 宮崎法子、西岡康宏編 小学館 1999年
故宮博物院 第4巻 明 小川裕光監修 NHK出版協会 1998年
鈴木敬 中国絵画史 下 吉川弘文館 1995年
ジェイムズ・ケーヒル 江岸別意 中国明代初中期の絵画 明治書院 1987年
宮崎市定「明代蘇松地方の士大夫と民衆―明代史素描の試み―」『宮崎市定全集13明清』収録3-39頁 岩波書店 1992年
内山知也『明代文人論』 木耳社 1986年
 第1章 中国美術における絵画と文学の結合(上)、第2章(下)
 第3章 沈周の生涯と「幽憂不平の志」、第4章 文徴明の生涯と芸術
 第5章 唐寅の生涯と蘇州文壇、第6章 徐渭の狂気について
 第7章 蘇州時代の袁中郎
唐寅関係:
楊継輝『唐寅年譜新編』 2007年蘇州大学碩士論文
The figure paintings of Tang Yin (1470--1524) by Nemroff, Lauren S. Ph.D., New York University, 2005, 494 pages
周道振1916-2008、張月尊校『唐伯虎全集』 中国美術学院出版社 2002年
Anne De Coursey Clapp, The Painting of T'ang Yin (1st ed.), University Of Chicago Press, November 1991
江兆申『關於唐寅的研究』 臺灣國立故宮博物院《故宮叢刊甲種》
 唐寅書画研究の名著 1976年6月初版,1979年12月再版,1987年5月三版
 一、六如居士之身世; 二、六如居士之師友與遭遇;
 三、六如居士之游蹤與詩文;
 四、六如居士之書畫與年譜;
  唐寅的畫:唐寅作品的面目與變化的過程:唐寅的細筆山水;
       唐寅與周臣面目近似的山水畫;唐寅畫的成熟期。
  唐寅的複本畫與偽作:唐寅的複本畫;唐寅畫真偽之我見。
  唐寅與周臣作品之異同:唐寅畫之特色;唐寅與周臣最接近的山水畫;
   一張被認為是周臣代筆的唐寅山水(《溪山漁隱卷》臺灣故宮博物院藏)
 五、唐寅的年譜。書末附唐寅書畫作品62幅
楊靜庵『唐寅年譜』 商務印書館 1947年
溫肇桐『唐伯虎先生年譜』
参考サイト
呉門画派 明四大家の作品 沈周文徴明唐寅仇英その他

展覧会
《六如真如―呉門画派之唐寅特展》
2014年12月8日—2015年3月8日 蘇州博物館
2012年沈周特展、2013年文徴明特展に続く“明四家”系列学術展覧2014年度唐寅特展
蘇州博物館、上海博物館、故宮博物院、南京博物院、広東省博物館、重慶中国三峡博物館、遼寧省博物館、沈陽故宮博物院、天津博物館、安徽博物院、四川博物院、湖北省博物館、中国美術館、美国メトロポリタン博物館の早、中、晩期48幅の唐寅書画を展示
展示リスト:
款鶴圖 上海博物館
黄茅小景圖 上海博物館
墨竹圖 上海博物館
行書七律二十一首 爲姚舜承書巻 上海博物館
騎驢歸思圖 上海博物館
杏花仙館圖 上海博物館
春游女几山圖 上海博物館
高山奇樹圖 上海博物館
柳橋賞春圖 上海博物館
渡頭帘影圖 上海博物館
虛閣晚涼圖 上海博物館
雲山圖 上海博物館
蜀葵圖 上海博物館
花下酌酒歌扇頁 上海博物館
貞壽堂圖 北京故宮博物院
風木圖 北京故宮博物院
沛台實景圖 北京故宮博物院
關山行旅圖 北京故宮博物院
明代名人沈周、祝允明、文徴明、唐寅等墨跡
行書自書詩卷 北京故宮博物院
桐山圖 北京故宮博物院
毅菴圖 北京故宮博物院
步溪圖 北京故宮博物院
風竹圖 北京故宮博物院
射楊圖 北京故宮博物院
枯木寒鴉圖 北京故宮博物院
葵石圖 北京故宮博物院
芍薬圖 北京故宮博物院
落花詩巻 中国美術館
湖山一覽圖 中國美術館
行書七律 爲王鏊書 四首詩巻 天津博物館
菊花圖 天津博物館
吹簫仕女圖 南京博物院
李端端圖 南京博物院
看泉聽風圖 南京博物院
古木幽篁圖 南京博物院
觀杏圖 蘇州博物館
灌木叢篠圖 蘇州博物館
行書七律龍頭詩 蘇州博物館
匡廬圖 安徽省博物館
臨韓熙載夜宴圖 重慶中国三峡博物館
虛閣晚涼圖 四川省博物館
清溪松蔭圖 廣東省博物館
與文徴明書(拜師) 湖北省博物館
落花詩巻 遼寧省博物館
茅屋蒲團圖 遼寧省博物館
杏花仕女圖 瀋陽故宮博物院
致若容(致徐尚德)尺牘 メトロポリタン美術館

明四大家特展
2014年1月10日-2014年12月 日 台北故宮博物院
第1期沈周 2014/01/10~2014/03/31 
 沈周とその関連作品を含め約60点展示 展示リスト
第2期文徴明 2014/04/03~2014/06/30
 書法は「書法発展」と「書法入画」、絵画は「繪画発展」、「仿古風貌」、「一稿多本」、「花鳥人物」の4章に分け77件余りを展示
第3期唐寅 2014/07/04~2014/09/29
 唐寅とその師友の作品70件を「詩畫山水」、「仕女人物」、「花卉竹石」、「書法藝術」の四つの主題別に展示
第4期仇英 2014/10/04~2014/12/29
 明四大家特別展の最後

《石田大穰―呉門画派之沈周特展》
2012年11月5日-2013年1月5日 蘇州博物館
沈周書画精品50件を2期に分け展示 →公式サイト
第一期
1 幽居図 軸 紙本 墨筆 1464 大阪市立美術館
2 埰菱図 軸 紙本 設色 1466 京都国立博物館 披痲皴
3 仿倪山水図 軸 絹本 水墨 1473 上海博物館
4 九月桃花図 軸 紙本 設色 1477 上海博物館
5 溪山紀游図 巻 紙本 水墨 1487 上海博物館
6 岸波図 巻 紙本 設色 蘇州博物館
7 京口送別図 巻 紙本 墨筆 1497 上海博物館 など
第一期所蔵別:
スイス・リートベルク美術館:為碧天上人作山水図
日本大阪市立美術館:幽居図、菊花文禽図
日本京都国立博物館:九段錦、埰菱図
天津博物館:灞橋風雪図、青緑山水図、瓶荷図
遼寧省博物館:盆菊幽賞図()、魏園雅集図 、千人石夜游図
南京博物院:溪山秋色図、玉楼牡丹図、東荘図冊
浙江省博物館:湖山佳趣図巻
広東省博物館:荔枝白鵝図
安徽博物院:椿萱図、桐蔭楽志図、一塢楊梅図、正軒図
青島市博物館:湖石芭蕉図
無錫博物院:虎丘恋別図()
揚州博物館:枯木鴝鵒図
蘇州博物館:花鳥冊、岸波図、行書五律詩軸()
北京故宮博物院:京江送別図、荔柿図、芝田図、牡丹図軸、南山祝語図、西山雨観図、枇杷図、蚕桑図、明人画沈周半身像、仿倪山水図
上海博物館:京口送別図、西山紀游図、芍葯図、仿倪山水図、仿大痴山水図、九月桃花図、折桂図、為呉寛作山水図、夜游波静図、行書陳太保堂重建門楼廊廡化縁疏、行書七律()、行書落花詩。
第二期
1 九段錦冊九開 紙本 設色 1471 京都国立博物館
(佚失仿李成、呉鎮、王蒙3開。現存6開:田家耕作/仿趙伯駒,松下弾琴/仿趙孟頫,青山紅樹/仿惠崇,野客渡橋/仿王紱,寒林帰艇/仿趙雍,芦汀埰菱/仿趙令穰五開。杜瓊題跋)
2 為呉寛作山水図 扇頁 金箋 水墨 1472 上海博物館
3 明人画沈周半身像 軸 絹本 設色 1506 北京故宮博物院
4 東荘図冊二十四開 紙本 設色 南京博物院 応呉寛
(佚失桃花池、瓜圃、桂塢3開。現存:東城、菱豪、西溪、南港、北港、稻畦、果林、振衣崗、鶴洞、艇子洴、麦山、竹田、折桂橋、続古堂、拙修庵、耕息軒、曲池、朱桜径、桑州、全真館、知楽亭,。每開李応禎小篆対題)
5 為碧天上人作山水図 軸 紙本 設色 1461 スイス・リートベルク美術館
6 霊隠旧游図 軸 絹本 墨画淡彩 1472 大阪市立美術館
7 溪山秋色図 軸 紙本 墨筆 1484 南京博物院 “粗沈”
8 湖山佳趣図 巻 紙本 設色 1485 浙江省博物館
9 仿大痴山水図 軸 紙本 設色 1494 上海博物館
10 仿倪瓚山水図 軸 紙本 墨筆 1479 北京故宮博物院 全景式,近景倪法
11 青緑山水図 軸 絹本 設色 天津博物館
12 魏園雅集図 軸 紙本 設色 1469 遼寧省博物館
13 呉中名勝図 冊 紙本 設色 1471 大阪市立美術館
14 西山雨観図 巻 紙本 墨筆 1488 北京故宮博物院 喪妻,仿米友仁
15 虎丘恋別図 軸 紙本 墨筆 1494 無錫博物院 清宮旧蔵 “粗沈” 
16 灞橋風雪図 軸 紙本 墨筆 天津博物館
17 桐蔭楽志図 軸 絹本 設色 安徽博物院
18 正軒図 軸 紙本 墨筆 安徽博物院
19 千人石夜游図 巻 紙本 設色 1493 遼寧省博物館 虎丘剣池
20 京江送別図 巻 紙本 設色 1491 北京故宮博物院 送呉愈
21 花鳥図冊十開 灑金紙 没骨設色 1485 蘇州博物館 文徴明引首「石翁墨妙」
 百合、辛夷、牡丹、石榴、雛鴨,紅杏、蜀葵、秋海棠、雁来紅、芙蓉
22 蚕桑図 扇頁 紙本 墨筆 1481 北京故宮博物院
23 盆菊幽賞図 軸 紙本 設色 遼寧省博物館 清宮旧蔵 “細沈” 
24 湖石芭蕉図 軸 紙本 設色 1476 青島市博物館
25 椿萱図 軸 絹本 設色 安徽博物院
26 枇杷図 軸 紙本 設色 北京故宮博物院
27 荔柿図 軸 紙本 墨筆 1480 北京故宮博物院
28 南山祝語図 巻 紙本 青緑設色 北京故宮博物院 為朱世光“雲堂”
29 枯木鴝鵒図 軸 紙本 水墨 揚州博物館
30 荔枝白鵝図 軸 紙本 設色 広東博物館
31 瓶荷図 軸 紙本 設色 1486 天津博物館 
32 牡丹図 軸 紙本 墨筆 北京故宮博物院
33 芝田図 巻 紙本 設色 北京故宮博物院
34 行書落花詩一首 扇頁 紙本 金箋 1501 上海博物館
35 折桂図 軸 紙本 水墨 1489 上海博物館
36 玉楼牡丹図 軸 紙本 設色 1507 南京博物院
37 行書五律詩 軸 紙本 蘇州博物館 
38 一塢楊梅図 軸 紙本 墨筆 1502 安徽博物院
39 芍葯図 軸 紙本 水墨 上海博物館
40 夜游波静図 扇頁 金箋 水墨 1509 上海博物館

《夢墨神韻——唐伯虎書畫精品特展》
2011年1月22日~3月22日 寧波博物館
上海博物館、南京博物院、遼寧省博物館、蘇州博物館蔵の唐寅などの書畫41幅を展示。前年の遼寧省博物館の唐寅特展に続く展示
唐寅37幅書画(書10、山水15、人物3、扇面9)、周臣3、張霊1
1500c騎驢帰思図 絹本淡彩 上海博物館
1516c春遊女几図 絹本淡彩 上海博物館 牡蛎皴 岱赭の夕日
1518書《蘭亭序》巻 紙本墨書 戊寅三月上浣晋昌唐寅書
1520吹蕭仕女図 絹本着色 上海博物館 庚辰三月呉郡唐寅画
1521墨竹図扇頁 金箋墨画 上海博物館 正徳辛巳九月
書法:
行書和《沈周落花詩》巻 紙本墨書 遼寧省博物館
跋《于石図》巻 紙本墨書 上海博物館
贈西州詩巻 紙本墨書 上海博物館
跋戴進六祖図巻 紙本墨書 遼寧省博物館
呉門避暑詩軸 紙本墨書 遼寧省博物館
行書七律軸 紙本墨書 蘇州博物館
跋沈周《壑舟図》頁 紙本墨書 33.5×27cm 上海博物館
信札1通(《文林等名賢墨妙冊》より)頁 紙本墨書 上海博物館
平康巷陌帖頁 紙本墨書 22.9×45cm 上海博物館
山水画:
古木幽篁図 絹本墨画 南京博物院 古木図
潅木叢篠図 絹本墨画 蘇州博物館 古木図
農訓図 絹本淡彩 蘇州博物館 線皴
高山奇樹図 絹本淡彩 上海博物館 牡蛎皴 水亭(溪山漁隠)
杏花仙館図 絹本淡彩 上海博物館 牡蛎皴 藍点苔
茅屋風清図 絹本淡彩 上海博物館 戴進風 花頭窓
雪山行旅図 絹本淡彩 上海博物館 花頭窓
柳橋賞春図 絹本淡彩 上海博物館 線細い
虚閣晩凉図 紙本淡彩 上海博物館
草屋蒲団図 紙本淡彩 遼寧省博物館 文人画
雲山図 紙本墨画 93.6×28.7cm 上海博物館 米法山水
葑田行犢図 紙本淡彩 上海博物館 故事図
悟陽子養生図巻 紙本淡彩 遼寧省博物館 文人画
人物画:
牡丹子女図 紙本着色 上海博物館
東方朔像 紙本着色 上海博物館
扇面:
花下酌酒歌扇頁 金箋墨書 上海博物館
墨竹図扇頁 金箋墨画 上海博物館
山居図扇頁 金箋淡彩 上海博物館 精品
後溪図扇頁 金箋墨画 上海博物館
 題跋:乙酉1525濠上欽遵「守之」印、枝山爲後溪
南湖春水図扇頁 金箋墨画 上海博物館
臨流倚樹図扇頁 金箋墨画 上海博物館
牡丹図扇頁 金箋墨画 上海博物館
蜀葵図扇頁 金箋墨画 上海博物館
関係画家:
周臣 踏雪行吟図 絹本淡彩 上海博物館
周臣 怡竹図 絹本淡彩 上海博物館
周臣 春山游踪図 絹本淡彩 上海博物館
1504張霊 織女図 紙本着色 上海博物館 など

《明代絵画と雪舟》
2005年7月2日(土)-8月14日(日) 根津美術館     →展示品リスト
沈周「九段錦画冊」「菊花文禽図」、文徴明「雪景山水図巻」、文嘉「琵琶行図」、陸治「虎丘図巻」など
渋谷区立松濤美術館《上海博物館展 中国文人の世界》
2003年6月 3日-7月13日
文徴明《真賞斎図巻》など上海博物館所蔵の明清の文人に関係する書画(園林図、清談図、弾琴煮茶図、漁隠図、墨竹、墨梅など)40件と工藝品(文房四宝、古玩、古琴、茶具等)51件から文人の世界を探る展示 →展示品詳細







TOP△



 明時代2 呉派  2002.11.3作成 

琴詩書画巣 | 古琴の調べ | 中国絵画 | 詩・書 | 中国文人の世界 | 北京信息 | パリ信息 | リンク