琴詩書画巣   古琴音楽   中国絵画   詩・書   中国文人の世界   北京信息   パリ信息   リンク  
   中国絵画News | 中国絵画の流れ | 日本美術史ノート | 中国絵画ことのは   胸中の丘壑  荊浩筆法記
  林泉高致   課徒画稿
  雨窓漫筆   畫語録

 中国絵画参考書(日本国内の出版)

概説
ジュディ・オング ジュディの中国絵画って面白い 二玄社 2000年

 美しい図版による初心者へ向けた中国絵画の概説書。「日本語で書かれた数少ない優れた「中国絵画入門」の本」との評。

王耀庭 中国絵画のみかた 二玄社 1995年

 台北故宮博物院の研究員の著。興味深い話題に富む。

宇佐美文理 中国絵画入門 岩波新書 2014年
 「気」をキーワードに中国絵画史を小挿図130点で概観する。
小川裕充 臥遊:中国山水画―その世界 中央公論美術出版 2008年
 『東方』連載の解説を基に大幅に改訂増補したもの。
 山水画を造形性、表現性、社会性の三つの側面から総合的にとらえる。とりわけ造形性については透視遠近法と基本構図法(一水両岸、両水一岸、一水一岸)、構成原理(基本モジュールの反復、反転、結合、入れ子、増幅など)と造形原理(連想)という基礎概念を用い、西洋美術と共通の土俵で著書の考えを集大成する。文章は読みやすいとはいえない。
ウーホン 屏風のなかの壺中天―中国重屏図のたくらみ 中野美代子,中島健訳 青土社 2004年
 The Double Screen: Medium and Representation in Chinese Painting by Wu Hung, University of Chicago Press; 1997 の日本語訳
宮崎法子 花鳥・山水画を読み解く 中国絵画の意味 角川書店 2003年
戸田禎佑 日本美術の見方 中国との比較による 角川書店 1997年
新藤武弘 山水画とは何か 福武書店 1989年
陳舜臣 中国画人伝 新潮社 1984年 
 簡潔な画家の紹介。画家一点ずつの図版をつける。
鈴木敬 中国絵画史 上・中之一・中之二・下 吉川弘文館 1981年-
 日本のオーソリティによる必読の概説。宋元が中心、明清は記述半ばの感。
鈴木敬/町田甲一 中国文化叢書 第7巻 芸術 大修館書店
長尾雨山 中国書画話 筑摩書房 筑摩叢書27 1965年
内藤湖南 支那絵画史 弘文堂書房 1940年 講談社学術文庫(復刊)
James Cahill  Chinese Painting     Skira 1960年
 アメリカ中国絵画史のオーソリティによる最もポピュラーな概説書。
ジェイムズ・ケーヒル/新藤武弘訳 江山四季 中国元代の絵画 明治書院 1980年
ジェイムズ・ケーヒル 岸辺の別れ 中国明代の絵画 明治書院 
James Cahill  The Distant Mountain     Weatherhill
 上記刊行中の大著『江山四季』『岸辺の別れ』の続刊。董基昌を中心として明末絵画の独自性を述べる。アメリカの中国絵画研究の白眉の一つ。
マイケル・サリバン/新藤武弘訳 中国美術史 新潮社 新潮選書 1973年

画集
井手誠之輔 日本の宋元仏画 日本の美術418 至文堂 2001年
ボストン美術館蔵唐宋元絵画名品集 [図版][解説] 呉同編著 大塚巧芸社 2000年
世界美術大全集 東洋編1〜9 小学館 1997-2000年
 全集ものとして当時最新の図版と成果。巻末の参考文献、資料も役立つ。
故宮博物院 第1〜5巻 小川裕充監修 NHK出版協会 1997-1999年
 台北・北京の二つの故宮博物院の書画、工芸などの蔵品を紹介した図版集。
花鳥画の世界10 中国の花鳥画と日本 学習研究社 1983年
中国の美術 6巻 淡交社 1982年
米国二大美術館所蔵 中国の絵画展 カタログ 東京国立博物館 1982年
週刊 朝日百科世界の美術88〜100 朝日新聞社 1980年
水墨美術大系 12巻 別巻2 講談社 1977年
文人画粋編 20巻 中央公論社 1976年- 中国と日本の文人画 普及版あり
中国絵画 大阪市立美術館蔵 大阪市立美術館編 図録編、資料編 朝日新聞社 1975年
原色日本の美術29 請来美術 小学館 1972年
元画精華 2巻 学習研究社 1980年 台北故宮の元時代絵画を集めた豪華図録
宋画精華 3巻 学習研究社 1976年 台北故宮の宋時代絵画を集めた豪華図録
中国美術1-5 講談社 1972年 欧米のコレクション
東洋美術1-4 朝日新聞社 1967年 日本の個人コレクション
東洋の美術 宋元の絵画、明清の絵画 各1巻 便利堂 1962年 日本蔵品

★中国歴代絵画大系 浙江大学中国古代書画研究中心編 浙江大学出版社
  大学、研究機関必備の学術性ある高精細印刷の大型画集
戦国至唐全集

宋画全集 全23冊
 第1巻(北京故宮博物院蔵品)全8冊 2010年
 第2巻(上海博物館蔵品)全2冊
 第3巻(遼寧省博物館蔵品)全2冊
 第4巻(台北故宮博物院蔵品)全10冊未刊
 第5巻(中国其他文化機構蔵品)全2冊 2015年
  第1冊中国美術館、蘇州博物館、天津博物館、南京大学等65件
  第2冊中国国家博物館、朶雲軒、杭州博物館、南京博物院、K龍江省博物館28件
 第6巻(欧美国家蔵品)全6冊
  第1册ボストン美術館
  第2册クリーブランド美術館
  第3册メトロポリタン美術館
  第4册メトロポリタン美術館
  第5册ネルソン・アトキンス美術館
  第6册フリア美術館、ミネアポリス美術館、フィラデルフィア美術館、プリンストン大学美術館、セントルイス美術館、大英博物館、ストック東アジア美術館等
 第7巻(日本蔵品)全3冊174点 
  第1冊東京・京都・奈良・九州国立博物館、群馬・神奈川・岡山・福岡等公立美術館
  第2冊大阪市立美術館、静嘉堂文庫美術館、五島美術館、大和文華館等
  第3冊根津美術館、MOA美術館、徳川美術館、東福寺等、及び個人蔵
   牧溪(傳)《蘿蔔蕪菁圖》、李安忠《鶉圖》、馬麟《夕陽山水圖》、貫休(傳)《羅漢圖》など71点
 第8巻(宋画文献匯編)全2冊

元画全集 全16冊670点 2014年
 第1巻(北京故宮博物院蔵品)全4冊
 第2巻(上海博物館蔵品)全3冊
 第3巻(中国其他文化機構蔵品)全3冊
 第4巻(日本蔵品)全2冊106件 
 第5巻(欧美国家蔵品)全4冊

明画全集 2017年

清画全集

画像データ
3種類の画像データベースの出版(日本出版の『絵画総合図録』正編、続編、三編計約1万6500点とこれを受けた中国大陸の『書画図目』約2万点と台北の『故宮書画図録』数千点、下記★)があり、世界に散らばった中国古書画のかなりな姿が見えてきた。3者合わせ20世紀末の画期的な出版。
★中国絵画総合図録正編 全5巻 鈴木敬編 東京大學出版會 1982-83年
 第1巻 アメリカ・カナダ篇
 第2巻 東南アジア・ヨーロッパ篇
 第3巻 日本篇1: 博物館
 第4巻 日本篇2: 寺院・個人
 第5巻 總索引
★中国絵画総合図録続編 全4巻 戸田禎佑,小川裕充編 東京大學出版會 1998-2001年
 第1巻 アメリカ・カナダ篇
 第2巻 アジア・ヨーロッパ篇
 第3巻 日本篇
 第4巻 總索引
★中国絵画総合図録三編 全6巻 小川裕充,板倉聖哲編 東京大學出版會 2013-19年予定
 第1巻 アメリカ・カナダ篇T 1380点
 第2巻 アメリカ・カナダ篇U 1365点 ボストン美術館など
 第3巻 ヨーロッパ篇 860点 ピーボディー美術館など
 第4巻 アジア・オセアニア篇 923点
 第5巻 日本篇 1400点
 第6巻 總索引
 白黒の小図版だが、日本・欧米・東南アジアの蔵品を集める。
 「書画」の内、書に着目しないという日本近代の美術史学の限界を示す。
 原版は東大東洋文化研究所にあり、東京国立博物館資料館でも正編の一部紙焼写真を閲覧できる。  検索は以下で: 中国絵画所在情報データベース

★中国古代書画図目1〜23 索引1巻 文物出版社 1986-2001年
 中国大陸各地の主要博物館・美術館・関連機関の蔵品を集める。中国国内のオーソリティからなる鑑定7人組(謝稚柳・啓功・徐邦達・劉九庵・楊仁ト・謝辰生・傅熹年)が8年をかけ全国を巡回し目鑑したふるいにかけられている。
 検索は以下の雅昌のサイトで: 書画著録
☆労継雄 中国古代書画鑑定実録 全9巻 東方出版中心 2011年
 上記鑑定7人組の全行程に同行した労継雄の68冊のノートによる、鑑定7人組の見解と労氏の按をまとめたリスト。『書画図目』を見る時に必携。
★故宮書画図録1-31- 台北国立故宮博物院 1989-2012年-
 台北故宮博物院蔵品の図版と著録。軸、巻、册などの順に刊行中。
 検索は以下の公式サイトで: 故宮書畫典藏資料檢索
 以下の中国大陸非公式サイトで軸の一部が可能: 中国書画館
☆故宮蔵画大系1-16 台北国立故宮博物院 1993-98年
  上記の台北故宮博物院蔵の絵画から精選した大形図録
 (1)唐五代名畫、兩宋名畫 (2)兩宋名畫
 (3)趙氏一門、元四大家 (4)元畫墨妙
 (5)明四大家 (6)明四大家、吳門餘韻 (7)華亭英彥、明賢妙繪(一)
 (8)明賢妙繪(二) (9)明賢妙繪(三) (10)明賢妙繪(四)
 (11)明賢妙繪(五)、清六大家(一) (12)清六大家(二) (13)清六大家(三) (14)清六大家(四) (15)清六大家(四)、清畫聚珍、西洋傳教士 (16)院畫集繪、名畫萃珍

画論
中田勇次郎 文人画論集 中央公論社 1982年
 中国、日本の文人系画論の簡単な解説。
張彦遠/長広敏雄訳注 歴代名画記 平凡社 東洋文庫305、311 1977年
中国古典文学体系54 文学芸術論集 目加田誠編 平凡社 1974年 歴代名画記を含む
 歴代名画記は唐時代の張彦遠が記録した必読の絵画史、絵画論。
青木正児 青木正児全集6 歴代画論 春秋社 1969年 北宋郭煕の林泉高致など
董其昌/福原雅一他訳注 画禅室随筆 日貿出版社 1984年
中国文明選14 芸術論集 福永光司編 朝日新聞社 1971年 清 石濤の画語録を含む
惲南田/毛利和美訳 中国絵画の歴史と鑑賞 新編訳注甌香館画跋 二玄社 1985年
王概 他/新藤武弘訳注 芥子園画伝 日貿出版社 1985年
王概 他/草薙奈津子訳注 現代語訳 芥子園画伝 芸艸堂 1985年
 芥子園画伝は清時代初めにまとめられベストセラーとなった絵の描き方。原本は当時の彩色版画の傑作。

論文集
古原宏伸 米芾『画史』註解 上・下 中央公論美術出版社 2009-10年
古原宏伸 中国画巻の研究 中央公論美術出版社 2005年
古原宏伸 中国画論の研究 中央公論美術出版社 2003年
島田修二郎 中国絵画史研究 中央公論美術出版社 1993年 島田修二郎著作集
米沢嘉圃 中國繪畫史研究 山水畫論 平凡社 1962年
鈴木敬先生還暦記念中国絵画史論集 吉川弘文館 1981年
下店静市 中国絵画史研究 講談社 1985年 下店静市著作集  第6巻
 ※より詳しくは次を参照→東アジア絵画史研究文献目録

その他
新潮世界美術辞典 新潮社 1985年
 西洋・日本以外の国、中国についても比較的丁寧に項目をあげ解説。CD-ROM版もある。
王伯敏/遠藤光一訳 中国絵画史事典 雄山閣出版 1996年
中国五千年史地図年表 陳舜臣中国ライブラリー別巻 稲畑耕一郎編 2001年
台北故宮博物院等 中国書画複製 二玄社 -1999年
 台北故宮博物院の373点、アメリカのネルソン美術館、上海博物館、遼寧省博物館の蔵品37点を含む精巧な複製群。中国絵画の古典を鑑賞する上で第1級の資料。
国立国会図書館リサーチ・ナビ 中国の文化財について調べる


 ※以上の他に「書画」という点からは、姉妹ページである中国書法史参考書もあわせて参照してください。
 ※また「東アジア美術」という点からは、姉妹ページである日本美術史参考書もあわせて参照してください。

中国では、最近多数の美術書が出版されています。
神田の東方書店(書籍が良く整理され検索が便利)、内山書店(中国書籍の老舗)、蘭花堂(中国美術書専門)、亜東書店などでまず捜してみてください。但し中国本土よりかなり割高です。
台湾、アメリカの中国美術書は本郷の琳瑯閣書店に比較的多くあります。
また書虫(横浜にて主に中国大陸の出版物を扱う)、汗牛書店(台北の東洋美術書専門店)などオンラインの書店も登場しています。


TOP△


 中国絵画参考書(日本国内の出版)   2002.4暫定版 

琴詩書画巣 | 古琴の調べ | 中国絵画 | 詩・書 | 中国文人の世界 | 北京信息 | パリ信息 | リンク