琴詩書画巣   古琴音楽   中国絵画   詩・書   中国文人の世界   北京信息   パリ信息   リンク  
   中国絵画News | 中国絵画の流れ | 日本美術史ノート | 中国絵画ことのは   胸中の丘壑  荊浩筆法記
  林泉高致   課徒画稿
  雨窓漫筆   畫語録


 中国絵画史ノート 宋時代 南宋院体画、江南の自然へのまなざし

天上天堂、地下蘇杭 南宋の都、臨安(杭州)の繁栄
元 マルコ・ポーロの記述 当時世界最大の100万都市
杭州の景観:伝 李嵩《西湖図巻》 上海博物館 元 莫維賢画?
杭州の観潮:李嵩《月夜観潮図》団扇 台北故宮博物院 金泥を使用
    中秋の頃、杭州銭塘江の名高い潮の逆流を描く
杭州の風物:李嵩《市擔嬰戯図》団扇 台北故宮博物院
    おもちゃ売り「売貨郎」の主題

南宋院体画
南宋 1127-1279
    皇帝(趙氏) 主な画院画家
前期 南渡 画院再興 1 高宗1127-1162 馬興祖 李唐 蕭照 蘇漢臣(馬和之)
中期 画院最盛期
院体(画院様式)
完成
2 孝宗1162-1189
3 光宗1189-1194
4 寧宗1194-1224
李迪 李安忠
毛益 林椿 閻次平 閻次于 劉松年
馬遠 夏珪
梁楷 李嵩 陳居中
後期 院体の形式化

(在野、禅林での
 墨戯の展開)
5 理宗1224-1264
6 度宗1264-1274
7 恭宗1274-1276
8 端宗1276-1278
9 衛王1278-1279
馬麟


院体画の特徴
 1.浙江地方出身画家が主体 血縁、地縁をもつ(元・明時代へ継承)
 2.徹底した自然観察による写実、細密描写
 3.繊細微妙な淡彩 金泥までも活用
 4.対角線構図(辺角の景)「残山剰水」 北宋山水の主山の消滅
 5.小景 自然の一角を近接描写 視点の接近・下降(巻ではゆれ動く)
 6.人物山水 自己を投入し詩的なポイントとなる画中人物
 7.洗練された叙情性、詩画の接近 画中に詩賛が入る場合が多くなる
  余白に詩情をこめる 遠山の憧憬 詩情をさそうわかりやすい仕掛け
  その場合の詩とは歌われた「詞」 漢文→唐詩→宋詞→元曲


蘇漢臣
北宋の画院画家から南渡し南宋の画院に入り、孝宗の隆興年間1163-4初仏像を画いて承信郎となる 人物、子供の画を得意とする
《秋庭戯嬰図》 絹本著色 197.5×108.7 台北故宮博物院 伝承作品中最優
 北宋末徽宗画院時の制作説(劉芳如)

閻次平・閻次于 兄弟
閻次平 孝宗朝の画院祗候、山水を李唐に学ぶ 父、閻仲は北宋画院の待詔
《松磴精廬図》団扇 台北故宮博物院 “閻次平”隠し落款
《四季牧牛図》4幅各35×90cm 南京博物院    
●《秋野牧牛図》 京都住友泉屋博古館 
《山村帰騎図》団扇 クリーブランド美術館 
閻次于 閻次平の弟、画院祗候
《山市晴嵐図》冊 25.5×25.9 フリア-美術館 Freer Gallery F1935.10

李迪
銭塘(浙江省)人 12C後半、孝・光・寧宗の三朝にわたって活躍 花鳥画を得意にする 子の李瑛、李璋も画院に仕える
1174年《風雨帰牧図》 台北故宮博物院 コピー 南宋画院の大画面作品の例
1187年《雪樹寒禽図》 116.1×53 上海博物館 コピー
 "淳煕丁未歳李迪畫"款 清 高士奇、謝淞洲、乾隆内府蔵
落款 1196年《楓鷹雉鶏図》 189×209.5cm 北京故宮博物院
 南宋画院の大画面作品 “慶元丙辰歳李迪画”
1196年《獵犬図》 26.5×26.9 北京故宮博物院 赤い首輪
 伝毛益《獵犬図》 ボストン美術館 元時代コピー
落款 1197年●《紅白芙蓉図》双幅 東京国立博物館 李迪の代表作
 “慶元丁巳 (三年) 歳李迪画” 白芙蓉は勾勒、紅芙蓉は没骨を多用
 朝から日中にかけて白から紅へと花の色が変化する酔芙蓉を描く
 2重の時間性(鈴木忍):白芙蓉図(蕾→開花)→紅芙蓉図(満開→蒴果)
 ※東京国立博物館の本館と東洋館の間に数mの酔芙蓉があり画と比較できる
 (数年前に台風で倒れたため、現在小さなものになっている)

1197年《雞雛待飼図》 23.7×24.6 北京故宮博物院 コピー
●《雪中帰牧図》双幅 23.6×23.9 大和文華館 右幅 左幅はコピー
《宿禽激湍図》 24.8×26.1 クリーブランド美術館 項元汴旧蔵

林椿
蘋婆山鳥図 銭塘人 淳煕年間1174-89に待詔 花鳥画を得意にする
伝承作品:
《葡萄草蟲図》 北京故宮博物院 「林椿」款
《蘋婆山鳥図》 台北故宮博物院 旧題黄筌 果熟来禽図と双胞体
果熟来禽図 《果熟来禽図》 北京故宮博物院 「林椿」款 頭の大きな鳥
  《枇杷山鳥図》 北京故宮博物院 果熟来禽図と対?
《海棠花図》団扇 台北故宮博物院
《山搽霽雪図》 台北故宮博物院 雪の描写
《梅竹寒禽図》 上海博物館 雪の描写
参考:
林檎花図 ●《林檎花図》団扇 伝趙昌 浅野家→畠山記念館
◎《末莉花図》団扇 伝趙昌 東本願寺→徳川宗家→赤星家→小倉家


劉松年
銭塘人 清波門に工房を構えたので「暗門の劉」と呼ばれた。淳熙年間に画院学生として張敦礼(李唐の学生)を師とし、紹煕年間1190-94に待詔、寧宗朝には耕織図により金帯を賜い、孝・光・寧宗三朝に仕えた。精致細微な人物、山水、界画を得意にし、後に李唐・馬遠・夏圭と共に南宋四大家に数えられる
1207年《羅漢図》3幅 台北故宮博物院  “開禧丁卯劉松年画”落款
四景山水図巻夏 《四景山水図巻》 各40×69 北京故宮博物院
参考:
《四季山水図》4幅(春景不明 戸田「劉松年の周辺」東文紀要86参照)
●伝胡直夫《夏景山水図》 久遠寺 「仲明珍玩」「盧氏家蔵」、「天山」印
●伝徽宗《秋景山水図》 128.2×55.2 金地院 説明的な細部のしかけ
●伝徽宗《冬景山水図》 128.2×55.2 金地院

馬遠
号は欽山 生卒年不詳 北宋末山西省の道釈人物画家馬賁の末裔
馬氏は5代にわたり画院画家を輩出した名家の出 馬興祖は祖父、子は馬麟
寧宗朝恭聖仁烈皇后楊氏(楊妹子)1162-1232(在位1202-24),張鎡1153-?がパトロン
画院待詔として南宋院体画様式を完成
「馬の一角」の山水画、山水人物画から花鳥画まで広範囲にわたる
作品:
《西園雅集図巻》 ネルソン美術館(別名春游賦詩図) 人物山水 無款1205以前?
《華燈侍宴図》 台北故宮博物院 楊氏婕妤昇進直後1197頃?
《禅宗祖師図》 人物山水 楊氏皇后在位時1202-24
 ◎雲門大師像 天龍寺 雲門宗の祖、雲門文偃864-949
 ◎清涼法眼像 天龍寺 法眼宗の祖、法眼文益885-958
 ◎洞山渡水図 田中豊蔵→東京国立博物館 曹洞宗の祖、洞山良价807-869
《十二水図》 北京故宮博物院 楊氏皇太后時1224-32
馬遠の伝称作品は,古くから日本に多数輸入され
夏珪、梁楷、牧谿、玉澗とともに室町以降の日本水墨画に大きな影響を与えた
その他の伝馬遠作品:
◎1214年以前《寒江独釣図》 東京国立博物館 より大きな作品の一部
 「辛未坤寧秘玩」印(嘉定四年坤寧殿(恭聖仁烈楊皇后の宮殿)蔵の意)
 1860年後圆明園より流失、日本へ
●《風雨山水図》 静嘉堂文庫美術館
 《楊柳山水図》団扇 ボストン美術館
 《踏歌図》 北京故宮博物院 コピー 他に別本、香港中文大蔵戴進模本

夏珪
銭塘人 字は禹玉 寧宗朝の待詔 山水、人物を得意にする
馬遠と共に画院待詔として南宋院体画様式を完成
馬遠の筆←→夏珪の墨「墨色は傅粉の色のごとく、筆法は蒼老、墨汁は淋漓」
夏珪の基準作とされる確実な作品はない
伝承作品:
1.精緻な著色の作風:
 《観瀑図》団扇 絹本著色 台北故宮博物院 精緻な構図と描写 馬遠風
2.「筆法蒼老」意志的な筆致による作風:
 《溪山清遠図巻》 46.5×889.1cm 紙本墨画 台北故宮博物院
 別本は“夏珪の国本”として室町幕府が秘蔵、その系列の段簡:
 ◎《山水図》 畠山記念館  芸州浅野家伝来
  《江城図》 『東洋美術大観』
 明代の仿作:夏珪款《溪山無盡図巻》 台北国立歴史博物館 など多数
3.「墨汁淋漓」滋潤な墨色の作風:
 《風雨山水図》団扇 絹本淡彩 23.9×25.1 ボストン美術館
  「夏圭」款 明 黔寧王沭昕→清 阮元→完顔景賢→岡倉天心から1912
◎《山水図》 東京国立博物館 「唐絵の最上の作」近衛家煕
◎《山水図》(唐絵手鑑「筆耕園」のうち) 東京国立博物館 黒田家旧蔵
 《山水図》 静嘉堂文庫美術館
 《山水十二景図巻》のうち後半4景 28×230.8 ネルソン美術館
  原図12景に理宗書?四字題 エール大学に前半のコピー
   江臯玩遊、汀洲靜釣、晴市炊煙、清江寫望、茂林佳趣、梯空煙寺
   靈岩對弈、奇峰孕秀、遙山書雁、煙村歸渡、漁笛清幽、煙堤晚泊

 《西湖柳艇図》 台北故宮博物院
4・瀟湘八景の系列:
 《洞庭秋月図》 絹本墨画 189.6×108.9 フリアー美術館
  夏珪伝承作中最大の軸 理宗(寧宗?)書「洞庭秋月」七律詩
 《山市晴巒図》 絹本墨画 24.8×21.1 メトロポリタン美術館 夏□款
 《漁村夕照図》 絹本淡彩 24.4×25.3 インディアナポリス美術館
 《山水図》 芦屋薮本家
5.その他の日本古渡りの作品:
◎《風雨山水図》 87.9×35.2 根津美術館 左下款:夏□ 「雑華室印」
◎《竹林山水図》 畠山記念館「雑華室印」…芸州浅野家伝来 狩野伊川院外題

梁楷
号は梁風子 東平(山東省)の原籍 嘉泰年間1201-4に画院待詔
細筆による院体山水画と粗筆による減筆体の道釈人物画、鬼神を得意にする
山水画
●《雪景山水図》 東京国立博物館 東山御物→若狭酒井家→三井家
 ◎《雪景山水図》 出山釈迦・雪景山水三幅対として伝世 日本コピー?
《雪桟行騎図》 23.5×24.2 北京故宮博物院京1—387 雪景山水図に準ずる
《秋蘆飛鶩図》 23.0×22.9 クリーブランド美術館 3対の鳥 早期作?
《鷺岩図》 ×24.9 MOA美術館 水鴉
 「梁楷カ鷺ノ絵トテ堺ニ有之イカニモ少キ鷺也。蜘ホト也ト云ヘリ」(長谷川等伯『等伯画説』)
《秋柳双鴉図》 24.7×25.7 北京故宮博物院 補筆多
 王维五言絶句「烏鳴澗」春山月夜景の詩意
《疏柳寒鴉図》 26.4×24.2 北京故宮博物院 コピー
《寒塘図》 24.6×25.7 フォッグ美術館 コピー
《沢畔行吟図》団扇 メトロポリタン美術館 コピー 絹目荒い
 国宝《夏景、秋景、冬景四季山水図》と人物、岩形、皴が似る
着彩人物画
◎《出山釈迦図》 東京国立博物館 款:御前図画梁楷 院体山水人物画
《八高僧図巻》 上海博物館 コピー
 26.6×(1)64.1cm (2)66.4cm"梁楷"款 (3)64.7cm"梁楷"款 (4)64.7cm (5)67.1cm"梁楷"款 (6)61.9cm (7)57.9cm (8)66.2cm"梁楷"款
水墨人物画:細筆白描と減筆体と溌墨減筆体
《道君図》(《黄庭経神像図巻》) 紙本水墨 25.9×73.7 翁万戈 
 道経経折裝の扉画 聖祖降臨 左下梁楷款 早期白描?
 趙孟頫小楷《黄庭経》、王穉登1568跋
 明安国、清笪重光等蔵。張丑『真蹟日録』三集、呉其貞『書画記』卷三著録
◎《李白吟行図》 東京国立博物館 減筆体
◎《六祖截竹図》 東京国立博物館 足利義満「道有」印→豊臣秀吉→西本願寺→若狭酒井家
 《六祖破経図》 日本個人蔵 コピー 六祖截竹図の対幅として伝世
《寒山拾得図》 81.2×33.1 MOA美術館 款後入れ
 “雑華室印” 磯貝家旧蔵
《踊布袋図》 81.6×33.0 香雪美術館 
 大川普済賛 尾州侯、村山龍平旧蔵
《溌墨仙人図》 台北故宮博物院 コピー
《布袋図》 上海博物館 
参考作品:日本には梁楷とされる作が古くより多数伝承される
《鶏骨図》 78.0×32.4 福岡市美術館 松永コレクション 元仿本?
《戴雪帰漁図》 23.9×24.7 フリアー美術館 早崎家旧蔵 元仿本?

李嵩
銭塘人 初め「木工」職人、後に宣和・紹興の宮廷画院待詔である李従順の養子となり画才を発揮。光・寧・理宗三朝(1190-1264)の画院待詔として活躍、「三朝老画師」と称えられた
「錢唐人。少為木工,頗遠繩墨,後為李從訓養子。工畫人物道釋,得崇訓遺意,尤長於界畫。光寧理三朝畫院待詔」(夏文彦『圖繪寶鑑』卷四)
1210年《市擔嬰戲図》 冊 絹本淡彩 25.8×27 台北故宮博物院
 款:嘉定庚午李嵩畫 画中樹幹文字:五百件
1211年《貨郎図卷》 25.5×70.4 北京故宮博物院
 款:嘉定辛未李從順男嵩圖 画中文字:誦仙經、明風水、守淨、三佰件、雜寫文約、牛馬小兒、旦淄形吼是,莫搖紊前程、便是山東米、黄醋
1212年《貨郎図》団扇 冊 絹本淡彩 24.1×26 クリーブランド美術館
 《貨郎図》団扇 メトロポリタン美術館
《骷髏幻戲図》団扇 冊 絹本設色 27×26.3 北京故宮博物院
 参考:「李嵩骷髏圖,紙畫一小幅,畫于澄心堂紙上……畫一墩子,上題三字,曰『五里墩』,墩下坐一骷髏,手提一小骷髏,旁有婦乳嬰兒於懷,又一嬰兒指著手上小骷髏……。」(呉其貞1677『書畫記』卷一)
《月夜看潮図》 冊 絹本設色描金 22.3×22 台北故宮博物院
 《銭塘観潮図巻》 北京故宮博物院
《赤壁図》団扇 ネルソンアトキンズ美術館 高精細画像
《花籃図》 冊 絹本設色 26.1×26.3 台北故宮博物院
伝 李嵩《花籃図》 冊 絹本設色 北京故宮博物院 コピー
伝 李嵩《西湖図巻》 上海博物館 元 莫維賢画?(宮崎説)

馬麟
馬遠の子 寧宗・理宗朝に活躍 南宋院体画末期の繊細さが極まった独特な感性
1216年《層冰疉綃図》 北京故宮博物院 款:丙子嘉定九年臣馬麟 楊妹子書は偽?
1246年《静聴松風図》 台北故宮博物院 款:臣馬麟 理宗書は偽?
1254年◎《夕陽山水図》 51.5×26.6 根津美術館 款:臣馬麟
 理宗題「山は秋色を含みて近く、燕は夕陽を渡りて遅し」 愛娘周漢長公主のため
1256年《坐看雲起図》団扇 クリーブランド美術館 款:臣馬麟
 対幅理宗題:行きて水の窮まる処に到り、坐して雲の起きる時を看る(王維)
《芳春雨霽図》 台北故宮博物院 楊皇后題 小景画 水平視した視点
《秉燭夜遊図》 台北故宮博物院 蘇軾「海棠」詩の絵画化
 「東風渺渺(一作嫋嫋)泛崇光,雲(一作香)霧空濛(一作霏霏)月轉廊。只恐夜深花睡去,故燒高燭(一作高燒銀燭)照紅妝。」
《暗香疎影図》 台北故宮博物院 水に映る梅花の枝 北宋林逋の詩の絵画化
 “疎影横斜水清浅、暗香浮動月黄昏” →詞曲鑑賞:姜夔1191年作《疎影》
《蘭図》 冊 メトロポリタン美術館
《暮雪寒禽図》 冊 台北故宮博物院
《伏羲像》 台北故宮博物院


参考書
ジュディ・オング ジュディの中国絵画って面白い 二玄社 2000年
世界美術大全集 東洋編6 南宋・金 小学館 2000年
鈴木敬 中国絵画史 中之一 吉川弘文館 1984年
島田修二郎 中国絵画史研究 中央公論美術出版社 1993年 島田修二郎著作集
基本史料
宋 鄧椿 画継 煕寧七年(1074)から乾道三年(1167)まで
 歴代名画記、図画見聞誌に続く中国絵画の基本史料 元 荘粛に画継補遺
元 湯垕 画鑑 1330頃 米芾の影響の強い絵画批評
元 夏文彦 図絵宝鑑 1365序 至元二年(1336)までの1500余人の画家の略伝
清 厲鶚 南宋院画録 1330頃 画院画家の史料集
呉自牧/梅原郁訳 夢粱録 南宋臨安繁盛記1-3 平凡社東洋文庫 2000年

展覧会
例年9,10月《中国書画精華》展 東京国立博物館 南宋院体画の優品を展示
2004年4月《南宋絵画》展 根津美術館(終了)
1995年《宋代書畫冊頁名品特展》 台北國立故宮博物院(終了)
  書法 人物 山水 花鳥



TOP△



 宋時代 南宋院体画  2002.10.10作成 

琴詩書画巣 | 古琴の調べ | 中国絵画 | 詩・書 | 中国文人の世界 | 北京信息 | パリ信息 | リンク
1