秋月琴譜   減字譜指法  一.音色 速度 リズム 二.右手指法 三.左手指法

i 琴譜 減字譜指法           野雲 於秋月琴窓



古琴の琴譜には必ずといっていいほど琴曲の始まる前に減字譜を解説する一覧がついています。これは減字譜の琴譜が残る明時代の初めよりもずっと以前から、歴史の移り変わりと各地の琴派、個人の風格の違いによって指法も微妙に異なるため、そのつど弾き方を明らかにする必要があったためです。
この電子版internet琴譜でも、htmlファイルでの制約のために生じた記譜法を交え、減字譜を解説します。
減字譜の記譜法自体は、文字譜から生まれて以来今に至るまで千年あまりほとんど大きな変化がありません。このことはこの記譜法が、リズムの表記がないことも含め、古琴の演奏にそうとう合理的で使いやすく、みなに受けいれられやすい普遍性をもっていたことを示しています。
電子版 i 琴譜では、右手の指と弦の記譜に文字譜的な配置を用い歴史に逆行しています。たとえば i 琴譜では「左手の名指(小指)で2弦10徽を按じ、右手の中指を内側に弾く」という弾き方は、 勹二( 名十 ) というようになります。右手の中指を内側に弾く ( こう ) の指法を表す減字は、ふつうの琴譜では「勹」の内側に「二」が入り視覚的に一目でわかりやすくなっていますが、 i 琴譜では「めいじゅうこうに」と減字を読む順序に従っています。
i 琴譜の趣旨は、今の人が誰でも見ることができるよう、ふつうに使われている電子の道具だけで琴譜をつくり伝えようということにあります。そのために生じた制約は、これからのより進んだ言語によってさらに改良されていくことを希望しています。


一.音色、速度、リズムなど

さんおん
散音
開放弦を弾きます。
はんおん
泛音
左指先を琴徽をめやすにした弦に軽くふれると同時に右手で弾きます。いわゆるハーモニックスです。
( ) はんき
泛起
泛音の開始。
( ) はんし
泛止
泛音の終止。
しょうそく
少息
少し止まります。

だいそく
大息
比較的長く、時には数拍の長音符の長さに止まります。
きゅう
急ぎ弾じます。
かん
ゆっくりと弾じます。
臣又 きん まん
緊、慢
急弾また慢弾を表します。

にゅうはく
入拍
散板の後、続く段落からリズムに拍子がきざまれます。

にゅうまん
入慢
この段からしだいにゆっくり弾じていきます。一般に散弾と等しく拍がなくなっていきます。
再乍 さいさく
再作
もう1度繰返します。
从豆再乍
从「再乍
じゅうとうさいさく
从頭再作
曲あるいは段落の頭からもう1度繰返します。繰返しの起点は「縦線で表す時もあります。
くごう
句号
一つの楽句の区切りや休止を表します。

きょくしゅう
曲終
曲の終わりです。

TOP△

減字譜指法
一.音色 速度 リズム
二.右手指法
三.左手指法




 減字譜指法   2000.2.14 作成 

琴詩書画巣 | 古琴の調べ | 中国絵画 | 詩・書 | 中国文人の世界 | 北京信息 | パリ信息 | リンク