琴詩書画巣   古琴音楽   中国絵画   詩・書   中国文人の世界   北京信息   パリ信息   リンク  
   中国絵画News | 中国絵画の流れ | 日本美術史ノート | 中国絵画ことのは   胸中の丘壑  荊浩筆法記
  林泉高致   課徒画稿
  雨窓漫筆   画語録

 中国絵画史ノート 六朝 中国絵画の批評基準「画の六法」

六朝の絵画 古典人物画その1 顧愷之
[生涯]  (張彦遠『歴代名画記』巻4 顧愷之伝に詳しい)
晋 顧愷之(約345-406頃)字長康 江南の江蘇無錫に生 
桓温312-373の参軍
義煕405-418初め散騎常侍
[作品]
人物画 肖像、故事人物 真蹟は遺っていない
 高古遊糸描 人物画の衣紋線 連綿と流れる優美で均一な線
 呉帯当風 人物画の衣のかろやかに流れる形 ←→曹不興 曹衣帯水
山水の萌芽 初唐以前の山水 無皴
 樹は臂を伸ばして指を開いたよう「若伸臂布指」
 人は山より大きく、水は浮べられない「人大于山、水不容泛」
《女史箴図巻》絹本設色 24.8×348.2cm 大英博物館 初唐?のコピー
女史箴図巻
  張華232-300『女史箴』の詞と画9つの勧戒図 山水描写が1場面ある
《烈女伝図巻》絹本設色 25.8×470.3cm 北京故宮博物院 宋?のコピー
  劉向BC77-6『烈女伝』の詞と画 勧戒図
《洛神賦図巻》 三国魏 曹植192-232(曹操の子)『洛神賦』を1巻に絵画化
  神仙の主題 曹植と洛水女神の叶えられない恋 南朝の貴族趣味
  異時同図法 曹植と女神が反復出現 背景は古拙な青緑山水
 北京故宮博物院本 絹本設色 27.1×572.8cm 宋のコピー 金章宗印 詞無
 遼寧省博物館本 絹本設色 26.6×546.0cm 宋のコピー 詞つき
 フリーア本 絹本設色 24.2×310.9cm 南宋のコピー 詞無 前半欠く
 テキストと画の関係→《洛神賦図巻》と曹植『洛神賦』
            動く《洛神賦図巻》 自動的にスクロールします

[画論] (張彦遠『歴代名画記』巻4 顧愷之参照)
魏晋勝流画讃 魏晋の画20点について
論画 人物>山水>犬馬>台閣(建築) 模写論
画雲台山記 雲台山(四川省の天師道教の聖地)を描く 山水画の構想

[エピソード]
かって厨子いっぱいの画を桓玄にあずけた。いずれも秘蔵の優れた作品ばかりだった。封をして題をつけておいた。桓玄は厨子の後ろをあけ画をとってしまい「開けはしなかった」といってごまかした。顧愷之は盗まれたとは疑いもせず、ただ「画がすばらしく神霊につうじたので、すがたを変えて飛び去った。人の昇仙のようなものだ」といった。そこで人々は顧愷之の三絶才絶、画絶、痴絶(このうえない阿呆)”と讃えた。
甘蔗(さとうきび)を食べる時いつもシッポから本体へと食べていった。家の者がわけを聞くと、こういうふうに食べれば“漸入佳境”に入れるといった。
人物画を描いて数年も瞳を入れなかった。わけを問うと「肉体の美醜はもともと画の妙所とは無関係だ。精神を伝えるのはまさにここにある」(四体妍蚩,本無闕少于妙處,傳神寫照,正在阿堵中。)と答えた。

中国絵画の批評基準「画の六法」
南斉479-502 謝赫『古画品録序』 系統だって凝縮された言葉 現在も影響

一、気韻生動 気と韻(生命の流れとリズム)が生き生きとしている
二、骨法用筆 線の力 筆の用い方に骨がある
三、応物象形 デッサン力 物に応じて形を写す
四、随類賦彩 色彩感 物の種類に従って色をつける
五、経営位置 構成力 物の位置をはかり構成する
六、伝移模写 古画の模写をとおし最良の伝統をどれだけ受けとめたか


参考書
張彦遠/長広敏雄訳注 歴代名画記 平凡社 東洋文庫305、311 1977年
中国古典文学体系54 文学芸術論集 目加田誠編 平凡社 1974年 歴代名画記訳
中国古典文学体系 漢・魏・六朝・唐・宋散文選 伊藤正文・一海知編 平凡社 洛神賦訳
画品叢書 于安瀾編 上海人民美術出版社 1982年 『古画品録序』テキスト
参考サイト
私家版曹子建集 洛神賦訳をお借りしました。
『古画品録』訳注



TOP△


 中国絵画史ノート 六朝 「画の六法」    2002.5.1作成 

琴詩書画巣 | 古琴の調べ | 中国絵画 | 詩・書 | 中国文人の世界 | 北京信息 | パリ信息 | リンク