琴詩書画巣   古琴音楽   中国絵画   詩・書   中国文人の世界   北京信息   パリ信息   リンク  
   中国絵画News | 中国絵画史の流れ | 日本美術史ノート | 中国絵画ことのは 胸中の丘壑 | 荊浩筆法記 | 林泉高致 etc.)

 江戸初期の絵画1 近世初期風俗画

基層としての風俗画
絵画の主題:宗教画 聖 彼岸(浄土-地獄) 未来-過去 ↓
      世俗画 俗 地上        現世   ↓
風俗画:ジャンルとしての確立 16C半日本 17Cオランダgenre painting
    町衆、新興武将の好み 障屏画の画題 花鳥画、風俗描写
    日常生活への眼差し、現世肯定
日本美術の特色:風俗の主題(ことば、物語)が一貫して基調となる
        
   奈良 平安      鎌倉 室町 桃山 江戸
美術 唐絵         水墨画   漢画
      大和絵 男絵 風景     大和絵屏風 …琳派
          女絵 風俗     風俗画   …浮世絵
言葉 漢詩             能 踊り 歌舞伎…世話物、風俗舞踊
          物語
      和歌    今様  小唄『閑吟集』何せうぞくすんで一期は夢よただ狂え


上方の近世初期風俗画
近世初期風俗画
16C後半-17C前 襖絵、屏風絵
画家:狩野派、海北派、雲谷派などの漢画諸派、土佐派
画題:月次風俗図、四季絵、名所絵  風景→独立した風俗画へ
◎《月次風俗図屏風》4曲1双 東京国立博物館
   田楽の場面→参照:広島県千代田町の花田植(室町時代からの伝承)

〈初期洛中洛外図〉 中世から近世都市への転換、京の町衆文化を反映
◎《洛中洛外図屏風》(町田家本、歴博甲本)  国立歴史民族博物館
   三条家…三条公輝…→町田満二郎→歴博
   1525年頃 将軍足利義晴柳の御所、管領細川高国邸
   現存最古の洛中洛外図 狩野元信50歳作か(小島道裕説)
 《洛中洛外図屏風》模本(原本未出現) 東京国立博物館
   1540年代頃 1539年将軍邸花の御所、管領細川晴元邸
●狩野永徳1565年《洛中洛外図屏風》(上杉家本)  米沢市上杉博物館
   永禄八年9月3日狩野永徳23歳 四方四季

(冬)











西
(秋)
上杉本洛中洛外図屏風左隻 鞍馬









細川邸



将軍邸





一条
御所


二条









四条
祇園会




九条
上杉本洛中洛外図屏風右隻
(春)












(夏)
   13代将軍足利義輝のため 豪壮な管領細川氏綱邸、畠山邸は遊郭に
   将軍邸は架空の花の御所(1559年から二条御所(武衛、斯波邸跡)造営)
(天正二「年三月、尾州織田信長、為使介佐々市兵衛遣于越府、被贈屏風一双。画工狩野源四郎貞信入道永徳斎、永禄八年九月三日画之。花洛尽、被及書札」『謙信公御書集』)
◎1580年代頃《洛中洛外図》国立歴史民族博物館(歴博乙本)狩野松栄周辺か
◎岩佐又兵衛1615年頃《洛中洛外図》(舟木本) 東京国立博物館
   慶長年間の京都、左隻二条城、右隻方広寺大仏殿 四季は連続
高津古文化会館本《洛中洛外図》 上京下京を南北に 慶長末元和初
◎池田本《洛中洛外図》 林原美術館 元和年間(1615‐23)初頭の景観
勝興寺本《洛中洛外図》 高岡市 元和年間(1615‐23)の景観 公家邸中心
◎福岡市博本《洛中洛外図》 福岡市博物館 市中風俗のクローズアップ
 妙法寺本《洛中洛外図》 両替屋大福帳に「元和七年」(1621)の記載
 寛永年間 (1624‐44) 以降定型化

天正期 (1573-92)
●狩野秀頼《高雄観楓図屏風》 東京国立博物館
土佐派《聚楽第図屏風》 (三井家)

慶長期 (1596-1615) おおらかさ、解放感 現世肯定の生活感情、踊り
一つの季節、屋外が舞台
●狩野長信《花下遊楽図屏風》 東京国立博物館
◎1603年以降《阿国歌舞伎図屏風》 京都国立博物館 出雲の阿国の「歌舞伎踊り」
◎1606年狩野内膳《豊国祭礼図屏風》 豊国神社 最後の風流踊
◎狩野吉信《職人尽絵屏風》 喜多院 洛中洛外図の拡大
◎雲谷等顔《花見鷹狩図屏風》 MOA美術館
◎狩野山楽《犬追物図屏風》 常盤山文庫
◎狩野甚之丞ら名古屋城対面御所襖絵、円満院風俗襖絵
この頃第一次洋風画の隆盛 〈南蛮屏風〉 宮内庁、神戸市立博物館ほか

◎《遊楽図屛風(相応寺屛風)》 徳川美術館 野外(右隻)から室内(左隻)へ
元和(1615-24)寛永(1624-44)期 かぶきの衰退 私的な享楽とメランコリー
画家:狩野派→民間の町絵師へ  ……浮世絵へ
画題:遊里の芝居 遊女の姿 浮き世=憂き世
屏風(中画面)、屋内(遊里、遊女 劇場性)、総金地(現世の光)
◎《伝本田平八郎姿絵屏風》 72.2×157.4cm 徳川美術館
 文使い図屏風 千姫と恋人平八郎忠刻?
●《彦根屏風》 94.5×278.8cm 井伊家 彦根城博物館
 寛永期六条柳町の遊里 公の主題「琴棋書画」の見立て
●《松浦屏風》 155.6×361.6cm 大和文華館 誰ケ袖図屏風
◎《湯女(ゆな)図》 MOA美術館  又兵衛画?
◎《四条河原遊楽図》 堂本尚郎氏蔵

岩佐又兵衛1578-1650
 名は勝似 伊丹城主荒木村重の末子 2歳の時、一族滅亡 〈浮世又兵衛〉
福井のばさら大名松平忠直との出会い以降、画風が変化
◎《山中常盤絵巻》12巻 紙本着色 31.4×1253.0cm MOA美術館
◎《浄瑠璃物語絵巻》12巻 紙本着色 33.9×1108cm MOA美術館
《小栗判官絵巻》15巻 紙本着色 34.0×1238.8cm 宮内庁三の丸尚蔵館
《堀江物語絵巻》残欠本 紙本着色33.5×1349.8cm 個人蔵 岩瀬太郎の物語
◎1640《三十六歌仙絵》額 川越仙波東照宮 晩年紀年のある基準作

久隅守景  狩野探幽門から離脱、一時金沢へ
●《夕顔棚納涼図屏風》 東京国立博物館


江戸の浮世絵へ
寛文期 (1661-73)
画題:吉原遊女と役者の姿絵
菱川師宣 一人立美人図  一枚刷り版画(小画面) 浮世絵美人版画の誕生
鈴木春信の錦絵美人画 (見立絵)

英一蝶(はなぶさいつちよう)1652-1724 狩野安信から破門 幕府により三宅島流罪

寛政期 (1789-1801) 江戸文化の爛熟 退廃的傾向
一人立美人図→半身像大首絵へとトリミングとクローズアップが展開

喜多川歌麿 浮世絵の集大成「雪月花」三部作 栃木豪商・善野伊兵衛の依頼
1788年頃《品川の月》 147×319(202.2×356.0)cm フリーア美術館
 来歴:善野家…1891-2年頃小林文七→林忠正→パリ ビング→1903年フリーア
1791-2年頃《吉原の花》187×257(204×275)cm ワズワース・アセニアム美術館
 幕府公認の遊郭 50人(妓女、2階に大奥の女達) 画中画水墨山水
 来歴:善野家…1887年以前美術商S.ビング1838-1905→パリ ユゲット・ペレス→1957年アセーニアム
1802-4年頃《深川の雪》 紙本着色 199×341cm 岡田美術館pdf
 25妓女、2子、1猫 上下に水色の雲 笹色紅の唇(文化文政) 富士の画中画
 来歴:善野家…1887年以前美術商S.ビング1838-1905→パリ 青山三郎→1939年長瀬武郎…1948年銀座松坂屋「第2回浮世絵名作展覧会」にて展示…2012年寺元晴一郎により再発見→岡田美術館が購入、修復
歌川豊国・国貞ら 役者絵、美人画
葛飾北斎《北斎漫画》 庶民生活のあらゆる表情

鍬形惠斎(くわがたけいさい)1764-1824《近世職人尽絵巻》 東京国立博物館
◎渡辺崋山1793-1841《一掃百態図》 (愛知県田原町)




参考書
日本美術全集 永徳と障屏画 辻惟雄/河野元昭/矢部良明編 講談社 1991年
       江戸の絵画1 狩野派と風俗画 小林忠/狩野博幸編
       江戸の絵画4・工芸2 浮世絵 小林忠/小松大秀編
辻惟雄 風俗画入門 小学館 創造選書 1986年
絵は語る 平凡社 1995年-
 鈴木廣之 高雄観楓図屏風 記憶のかたち
 奥平俊六 彦根屏風 無言劇の演出
 佐藤康宏 湯女図 視線のドラマ
黒田日出男 謎とき洛中洛外図 岩波書店 岩波新書 1996年
狩野山雪・永納 1678年序本朝画史,1819年続本朝画史 国会図書館蔵明治刊本
 1総説、上古画録 2中世名品 3専門家族、雑伝 4皇朝名画拾遺 5皇朝名画拾遺
参考サイト
狩野永徳《上杉本洛中洛外図屏風》右隻 左隻
 アートスケープ内、影山幸一のアート・アーカイブ探求のページから
洛中洛外図屏風高精細ギャラリー
 国立歴史民俗博物館所蔵の甲本、乙本、D本などの画像
藤原重雄「洛中洛外図屏風と研究史の概説
国宝彦根屏風の共同研究調査ダイジェスト 東京文化財研究所

展覧会
日本テレビ開局60年 特別展「京都―洛中洛外図と障壁画の美」
2013年10月8日(火)〜12月1日(日) 東京国立博物館
洛中洛外図屏風 歴博甲本、乙本、上杉本、舟木本、勝興寺本、福岡市博本、池田本の展示
龍安寺、京都御所、二条城の障壁画空間の再現
開館10周年特別展「小江戸川越江戸絵画」
2012年11月6日(火)〜12月16日(日) 川越市立美術館
◎狩野吉信職人尽絵(喜多院)と◎岩佐又兵衛三十六歌仙額(仙波東照宮)、堀川夜討図屏風(養寿院)など
開館30周年記念特別展「近世初期風俗画 躍動と快楽」
2008年10月25日(土)-11月30日(日) たばこと塩の博物館
洛中洛外図(歴博◎甲本、D本)、◎醍醐花見図(歴博)、◎阿国歌舞伎図(京博)、桜下弾弦図(出光美)、清水寺遊楽図(MOA)、東山遊楽図(弘経寺)、大坂冬の陣図(東博)、遊楽人物図(細見美)、邸内遊楽図(サントリー美)など名品28点(展示替多数)
特別企画展「よみがえった国宝・彦根屏風と湖東焼の精華」
2007年9月28日-10月26月 彦根城博物館
明治以降6枚に切り離されていた彦根屏風を2006年5月から約850万円をかけ修理し本来の屏風に仕立て直した記念展
伝説の浮世絵開祖 岩佐又兵衛展
2004年10月9日-11月23月 千葉市美術館
◎《三十六歌仙図額》川越・仙波東照宮、◎《人麿・貫之図》MOA美術館、《伊勢物語・梓弓図》文化庁、《小栗判官絵巻》第2巻 三の丸尚蔵館、◎《浄瑠璃物語絵巻》第4巻 MOA美術館など約100点
10月31日、11月3日、14日「山中常盤−牛若丸と常盤御前 母と子の物語−」映画上映
 《山中常盤絵巻》の映像と三味線家鶴澤清治の作曲による浄瑠璃が併せて展開




TOP△


 日本美術史ノート 江戸初期の絵画 近世初期風俗画   2002.11写 

琴詩書画巣 | 古琴の調べ | 中国絵画 | 詩・書 | 中国文人の世界 | 北京信息 | パリ信息 | リンク